Menu
(0)

Search

ザック・スナイダー監督、コミックの映像化にはもう興味なしか ─「情熱があまりない」

ザック・スナイダー
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28487603362/

『ジャスティス・リーグ』(2017)をザック・スナイダー監督の初期構想に基づいて蘇らせる、“スナイダー・カット”こと『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』が、2021年3月18日に米国で配信開始された。念願の作品がついに披露目となったわけだが、スナイダー監督は、どうやらコミックを基にした映像化企画にはもうあまり興味がないようだ。

ザック・スナイダー監督といえば、『ウォッチメン』(2007)をはじめ、『マン・オブ・スティール』(2013)『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)『スナイダーカット』などコミックによる映像化作品を数多く手掛けてきたことでも知られる。2020年11月には、DCコミックス『バットマン:ダークナイト・リターンズ』シリーズを基にした映画化企画への興味も示していたが、いまではあらゆるコミックの映像化への情熱がなくなってしまったようだ。

Deadlineのインタビューにて、スナイダー監督は、「コミックで映像化したいものはありますか?」と問われたところ、「大好きなコミックはいくつかあります。ずっと前からやりたいと思っていたフランク・ミラーの『バットマン:ダークナイト・リターンズ』だったり」と答えている。しかし、『スナイダーカット』で充分満足しているようで、「ほかのコミックを原作とした映画を作りたいというような強い情熱が、正直に言うとあまりありません」という。

残念ながら、コミックを基にした映像化作品を、スナイダー監督が手がけることは少なくともしばらくはなさそう。しかし、燃え尽き症候群にまでさせた『スナイダーカット』への期待はますます高まるばかりだ。

あわせて読みたい

Source:Deadline

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly