Menu
(0)

Search

『007』ダニエル・クレイグ、次期ボンドの姿を見たら「ビターな気持ちになる」 ─ 卒業に「寂しくなる」と率直な気持ち

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
Credit: Nicola Dove © 2019 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』で6代目ジェームズ・ボンド役から退くダニエル・クレイグが、俳優人生の15年を捧げた同役からの卒業に複雑な心境を明かした。自分の後を継ぐ7代目ボンドの姿を見たら……?ダニエルは、この瞬間に自身が抱くことになるであろう気持ちを英トーク番組The Graham Norton Showの場で明かしている

ダニエルは、2006年の『007 カジノ・ロワイヤル』から15年間、ジェームズ・ボンド役を全うしてきた。この任期は、歴代のボンド俳優5人を上回る最長記録だ。もっとも、前作『007 スペクター』(2015)で引退する予定だったダニエル。そこから一転、『ノー・タイム・トゥ・ダイ』への続投が決まった時について、「終わりかと思っていましたが、戻ってこられる機会をいただけて、とてもとっても嬉しかったです」と当時の心境を振り返っている。

決して短いとはいえないこれまでの歩みについて、ダニエルは「映画を作ってこられたのは信じられないくらい素晴らしかった」と全5作を顧みながら、「すごく感情的になりますね。自分の任期を終えられることは嬉しいです」と続ける。さらに、「僕にそうさせてくれたプロデューサーたちには感謝です」と述べながら、このようにも語った。「寂しくなるのは間違いないです。新しい人が(ボンドを)継ぐ時には、すーっごくビターな気持ちになるかもしれないです」と。

これこそ、初代のショーン・コネリーをはじめとする歴代ボンド俳優たちそれぞれが、去り際に抱いてきた率直な感情なのだろう。今でこそ新たなジェームズ・ボンド像を確立したダニエルだが、抜擢当時は海外メディアから批判の嵐であった。このような逆境にめげず、与えられた役割に没頭したダニエルは『カジノ・ロワイヤル』で成功を収め、第3作『007 スカイフォール』(2012)では歴代シリーズ最高の興行収入を打ち立てた。今では、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリに「彼の後のボンドを想像できない」と言わしめるほどである。

『ノー・タイム・トゥ・ダイ』では、『カジノ・ロワイヤル』に始まった旅に決着をつけることになるボンドが描かれる。ヴェスパー・リンドやMら大切な人を失い、そして複雑な過去にも向き合ってきたこれまでの4作。本作で描かれるその締めくくりを見逃さないわけにはいかない。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は2021年10月1日(金)全国公開。

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly