Menu
(0)

Search

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』シリーズ初の4D&ScreenX上映決定、ダニエル・クレイグ最後のボンドを全身で体感せよ

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
Credit: Nicola Dove © 2019 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

ダニエル・クレイグが演じる最後のジェームズ・ボンドとなる『007』シリーズ最新作007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が、4D・ScreenXで上映されることが決定した。

『007』シリーズにおいて4D(MX4D/4DX)とScreenXの上映は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が初となる。ジェームズ・ボンドが、00(ダブルオー)エージェントを引退して静かな暮らしを送るジャマイカから、壮大な景観のノルウェーやスコットランド、MI6の本拠地ロンドン、世界遺産のイタリア・マテーラまで、陸海空全てでダイナミックに繰り広げられるスパイ・アクションを臨場感たっぷりに全身で体感することができる。ダニエル・クレイグ最後のジェームズ・ボンドを4Dで観ることができる最初で最後の貴重なチャンスだ。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、シリーズ第21作目『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)からジェームズ・ボンドを演じたダニエル・クレイグの卒業作。シリーズ最凶の敵役には『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)でアカデミー賞主演男優賞を受賞したラミ・マレック。その他、レア・セドゥ、ラシャーナ・リンチ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、ジェフリー・ライト、レイフ・ファインズ、アナ・デ・アルマスらが競演する。

監督は『ビースト・オブ・ノー・ネーション』(2015)や「トゥルー・ディテクティブ」のキャリー・ジョージ・フクナガ。主題歌にはビリー・アイリッシュが起用され、楽曲「NO TIME TO DIE」はグラミー最優秀楽曲賞(映画、テレビ、その他映像部門)を受賞した。

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は2021年10月1日(金)全国公開。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly