Menu
(0)

Search

「13の理由」最終シーズン、6月5日配信決定 ─ 社会現象ドラマ、ついに完結

13の理由
Netflixオリジナルシリーズ「13の理由」シーズン1~3独占配信中。シーズン4は2020年6月5日(金)より独占配信開始。

2017年にスタートし、アメリカを中心に社会現象を巻き起こしたNetflixオリジナルシリーズ「13の理由」がついに完結する。最終シーズン(シーズン4)が2020年6月5日(金)に配信開始となることが正式に発表され、舞台裏の様子を収めた告知映像が公開された。

「13の理由」はジェイ・アッシャーの同名小説を原作に、『スポットライト 世紀のスクープ』(2015)を手がけたトム・マッカーシー、歌手・女優のセレーナ・ゴメスが製作総指揮を務めてきた。シーズン1では、ひとりの女学生ハンナ・ベイカーが自殺を遂げたのち、彼女が死を選んだ“13の理由”を自らが吹き込んだテープがクラスメイトたちに届けられる。なぜハンナは自殺したのか、その決定的な理由とは……。衝撃的な内容、鮮やかなストーリーテリングで絶賛を浴びた一方、本作の配信後に10代の自殺が急増したとして大きな物議も醸したシリーズだ。

本作はシーズン1に続き、2018年にハンナの自殺をめぐる裁判へと物語が展開するシーズン2、2019年に新たな方向性に舵を切るシーズン3が製作された。主演は『ドント・ブリーズ』(2016)のディラン・ミネットが務め、シーズン1・2にはハンナ・ベイカー役で『Love, サイモン 17歳の告白』(2017)『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』(2019)のキャサリン・ラングフォードが出演した。サウンドトラックにはセレーナ・ゴメスやビリー・アイリッシュ、ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーなど最前線のアーティストたちが集合し、こちらもシーズンごとに話題を呼んでいる。来たる最終シーズンにはどんな楽曲が登場するのかも楽しみだ。

Netflixオリジナルシリーズ「13の理由」シーズン4は2020年6月5日(金)より全世界独占配信

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly