2017年版『イット』まもなく速報映像公開か?「ハーイ、ジョージー!」なペニーワイズの新ヴィジュアルが公開

2017年9月8日に米国での公開が予定されている、アンディ・ムスキエティ監督による2017年版『イット』の続報をお伝えしたい。

去る3月10日から19日の10日間、米国テキサス州オースティンで開催された2017年度のSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)において、ついに新作『イット』のティザー映像が公開されたという話題は、すでにご存じの方も多いかもしれない。しかしこのティザー映像、現時点ではオンラインの一般公開には至っていない。「なんだよ〜、もったいぶらないで公開しちゃえよ〜!」と叫びたいところではある。

ところがそんな折、本作品の情報を発信する“Stephen King’s It 2017”のFacebookにおいて、“Empire Magazine”最新号における“ペニーワイズ”の新たな姿が公開されたのである。

この写真は、これまで公開されていたポスター・ヴィジュアルとしてのペニーワイズではなく、おそらく劇中のシーン、あるいはティザー映像におけるペニーワイズの姿だと思われる。そしてこのシーンは、もちろんご存知の方も多いように、あの有名な恐怖の幕開け……どもりのビル・デンブロウの弟ジョージーが、兄から貰った新聞紙の小舟を追いかけていった先で、排水溝の中から顔を覗かせる不気味なクラウンに出会う、「ハーイ、ジョージー!」な場面である。

ちなみに、以下が1990年版『イット』の同シーンだ。これを観てから、雨の日に排水溝付近を歩けなくなったという方も多いと思う。

It

http://collider.com/it-remake-pennywise-bill-skarsgard/ © 1990 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

今回公開された写真からは、ジョージーの黄色い雨合羽も、そしてシチュエーションもほぼ同様に描かれていることが伺える。しかし写真で見比べる限りでは、かつてティム・カリーが演じたペニーワイズの圧倒的な不気味さに対して、ビル・スカルスガルドが演じる今回のペニーワイズはちょっと力量不足じゃないか……デーブ・スペクターに見えるけど大丈夫か?と感じてしまった。もちろんこの写真一枚だけでは、ペニーワイズを含めた作品全体のクオリティーはなかなか測りかねるが、現時点では少し身構えてしまった、というのが正直な感想である。皆さんはどう感じただろうか?

おそらく、ティザー映像の一般公開もそろそろ秒読み段階ではないかと個人的には思っているが、ちょっと、いろいろな意味で観るのが怖くなってきたなあ……。

原作者スティーヴン・キングによると、2017年版『イット』は相当ワンダフルらしい

Eyecatch Image: https://www.facebook.com/StephenKingsIt2017/photos/a.177046195783500.1073741829.177023235785796/806588456162601/

About the author

普段はあまり摂取しないコーヒーとドーナツを、無駄に欲してしまう今日この頃。You know, this is - excuse me - a damn fine cup of coffee.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。