Menu
(0)

Search

『ドクター・ストレンジ』『マイティ・ソー』『ブラックパンサー』続編、米公開延期が決定 ─ 『キャプテン・マーベル』『アントマン&ワスプ』も

ドクター・ストレンジ』『マイティ・ソー』『ブラックパンサー』続編など、2022~2023年に劇場公開予定のマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の映画作品が米国公開延期となった。

マーベル・スタジオ/ウォルト・ディズニー・カンパニーの発表によると、2022年3月25日に公開予定だったドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題)』は2022年5月6日へ延期となり、5月6日公開予定だったマイティ・ソー/ラブ&サンダー(原題)』は7月8日へ、そして7月8日公開予定だった『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー(原題)』は11月11日へと、それぞれ公開日が1本ずつ繰り下げられた。

これを受けて、2022年11月11日に米国公開予定だった『キャプテン・マーベル』(2019)続編の『ザ・マーベルズ(原題)』は2023年2月17日に延期。2月17日公開だったアントマン&ワスプ:クアントゥマニア(原題)』は2023年7月28日へ移動した。唯一、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(原題)』だけは2023年5月5日に米国公開予定のままで変更が入っていない。

Varietyなど各紙の報道によると、これら一連の延期はコロナ禍による製作の遅延に起因するもので、公開戦略の変更によるものではないとのこと。米Deadlineによれば、ディズニーは劇場公開と配信の同時展開は現在計画しておらず、またディズニー幹部も映画市場の今後に懸念は抱いていないという。あくまでも製作上の事情による公開延期だが、現在のMCUはそれぞれの作品が緊密につながっているため、ひとつの遅れが大きな連鎖反応を呼ぶものと考えられる。

現在、マーベル・スタジオは『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』『ザ・マーベルズ』『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』の本撮影を進行中。Deadlineによると、『ブラックパンサー』は2021年11月下旬の撮影終了を予定しているという。

また、『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』の再撮影は2021年9月に終了しており、『マイティ・ソー/ラブ&サンダー』は2022年2月の完成を目指して進行中と報じられている。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』の撮影は2021年11月に開始予定だ。最も製作が順調に進んでいたと思しき『ドクター・ストレンジ』の延期が決まった以上、同作のポストプロダクション(撮影後作業)に思わぬ遅延が生じたものと考えられる。

そのほか、マーベル/ディズニーは、2023年11月10日に米国公開予定だった新作映画を11月3日に繰り上げるとともに、2023年7月28日・10月6日に公開予定だった新作映画をスケジュールから削除。ディズニーは、2023年10月20日に米国公開予定だった20世紀スタジオの新作映画も予定から撤回している(いずれもタイトル未定)。

今後のMCU作品は、最新作『エターナルズ』が2021年11月5日に日米同日公開となる。その後、ソニー配給の『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が2021年12月17日に米国公開予定。『スパイダーマン』の製作状況は明かされておらず、再撮影の有無も不明となっている。

Source: Deadline, Variety, The Hollywood Reporter

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly