ドラマ「24 -TWENTY FOUR-」前日譚企画が始動 ― ジャック・バウアーのオリジン描く

日本でも海外ドラマ人気の先駆けとして一大ムーブメントとなった、人気ドラマシリーズ「24 -TWENTY FOUR-」(2001-)の前日譚(プリクエル)作品が企画されているようだ。米VarietyDeadlineほか複数のメディアが伝えている。

報道によれば、「24」シリーズの新プロジェクトには、同シリーズでショーランナー(制作統括)を務めてきたハワード・ゴードンと、製作総指揮や脚本を担当したジョエル・サーノウ&ロバート・コクランが参加しているとのこと。2001年に放送された第1シーズン以前を舞台とする“前日譚”で、キーファー・サザーランドが演じた主人公ジャック・バウアーの起源(オリジン)を描く物語になるという。製作を務めるのは20世紀フォックステレビジョンと、インド版「24」を手がけるImagine TV。Varietyによれば企画は初期段階にあり、実現する場合も放送時期は不明だという。

これまで「24」シリーズは、2001年から2010年までに全8シーズンと特別番組、短編作品が製作されている。この時期に発表された各シーズンは、おなじみジャック・バウアーを主人公に、「24」シリーズの大きな特徴であった“1話につき1時間、全24話で24時間の出来事をリアルタイムに描く”というコンセプトを丁寧に踏襲したもの。2014年に復活した「24 リブ・アナザー・デイ」では全12話で24時間が描かれた。2017年のスピンオフ作品「24: Legacy」も同様のスタイルで、同作にジャック・バウアーは登場していない。

ジャック・バウアー役のキーファー・サザーランドは、過去に体力面などを理由に「24」シリーズからの卒業を示唆していた。「24: Legacy」はその意向を反映したものとみられるほか、このたびの前日譚企画も、若きジャック・バウアーを描くことでキーファーの存在なしにシリーズを継続するアイデアといえるだろう。
なおDeadlineによれば、フォックスは「24」シリーズの新作をもう一案検討しており、そちらはハワード・ゴードンと「キリング/26日間」(2011-2014)のジェレミー・ドナーが携わる法廷サスペンスだという。

 

「24」シリーズを支えてきたクリエイターが再結集して描くジャック・バウアーのオリジン・ストーリーとはどのようなものになるのか、やはり24時間を描く物語なのか、仮にそうだとしてあの屈強なエージェントがたった24時間で誕生しうるのか、気になることはたくさんある。これはぜひとも製作にこぎつけて、「24」シリーズの新しい世界を観客に見せてほしい…!

Sources: Variety, Deadline
Eyecatch Image: Photo by Kristin Dos Santos Remixed by THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。