Menu
(0)

Search

「24 -TWENTY FOUR-」スピンオフドラマ、製作実現ならず ─ ジャック・バウアー前日譚&法廷ドラマの企画中止が決定

24 TWENTY FOUR
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:24-Logo.svg

日本でも人気を博した「24 -TWENTY FOUR-」のスピンオフドラマ2作品が企画中止となっていたことがわかった。米FOXエンターテイメントのマイケル・ソーン社長が米TV Lineに明かした。

20世紀フォックスは2018年ごろから、「24」シリーズの主人公ジャック・バウアーの若き日を描く前日譚シリーズと、シリーズおなじみの“リアルタイム展開”を活かした、冤罪の死刑囚をめぐる法廷サスペンスの企画を進めてきた。前日譚には「24」シリーズのショーランナーを務めてきたハワード・ゴードン、製作総指揮&脚本のジョエル・サーノウ&ロバート・コクランが参加。法廷ドラマ版にはゴードンと「キリング/26日間」(2011-2014)のジェレミー・ドナーが携わっていた。

このたびソーン社長は、これらのスピンオフ2作品について「実現しません」と明言。しかし「24」シリーズの新作を今後も製作しないのではなく、新たな可能性をひきつづき模索していくことを明らかにした。

「(「24」シリーズを)私たちにも、ファンのみなさんにも共感できるものとし続けるべく、つねに別の機会を検討しています。我々のネットワークにとっては最も大切なタイトルのひとつですから、どういうことをするにせよ、オリジナル版と同じく現代に通じる、そしてすさまじい作品にしたい。それが難しいんです。新たなバージョンを作るために尽力していますが、確実に正しいものだけを作ることになるでしょう。」

なおウォルト・ディズニー・カンパニーとの統合を受けて、20世紀フォックスの進めてきた企画は、すべてディズニー側によって再検討されていた。今回の企画中止がディズニー&フォックスの統合に影響されたものか、それとも一連の経緯からは独立して決定されたものかは分かっていない。ちなみに「24」シリーズといえば、日本版スピンオフ作品「24 Japan」が2020年度に製作されることがテレビ朝日から発表されている。

Source: TV Line

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly