Menu
(0)

Search

『ブラックパンサー』全米俳優組合賞でキャスト賞制す ─ 主演男優賞は『ボヘミアン・ラプソディ』ラミ・マレック

ブラックパンサー
Black Panther (2018) Directed by Ryan Coogler ©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

2019年1月27日(米国時間)、第25回全米俳優組合賞(SAGアワード)の授賞式が開催された。この賞は組合に加盟するアメリカの俳優が投票するもので、アカデミー賞を占ううえでも有力な賞とされているものだ。

第25回全米俳優組合賞、キャスト賞は『ブラックパンサー』

第25回で映画部門のキャスト賞(アンサンブル・キャスト賞)を射止めたのは、マーベル・シネマティック・ユニバース作品『ブラックパンサー』(2018)。ほかにノミネートされていたのは『ボヘミアン・ラプソディ』『アリー/ スター誕生』『ブラック・クランズマン』『クレイジー・リッチ!』(すべて2018年製作)だった。

受賞の対象者には、主演のチャドウィック・ボーズマンを筆頭に、マイケル・B・ジョーダンやルピタ・ニョンゴ、ダナイ・グリラといった気鋭の俳優陣、そしてアンディ・サーキスやマーティン・フリーマン、フォレスト・ウィテカーほか脇を固めた盤石の出演者たちがクレジットされている。なお、『ブラックパンサー』はスタント・アンサンブル賞にも選出された

ブラックパンサー
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

映画部門の主演男優賞に選ばれたのは、『ボヘミアン・ラプソディ』のラミ・マレックで、ゴールデングローブ賞(ドラマ部門)に続いて有力賞の獲得となった。

同じくノミネートされていたのは『バイス』クリスチャン・ベール、『アリー/ スター誕生』ブラッドリー・クーパー、『ブラック・クランズマン』ジョン・デヴィッド・ワシントン、『グリーンブック』ヴィゴ・モーテンセンといった強豪たち。アカデミー賞での主演男優賞受賞にも期待が高まるばかりだ。

ボヘミアン・ラプソディ
© 2018 Twentieth Century Fox

主演女優賞に選ばれたのは『天才作家の妻 -40年目の真実-』のグレン・クローズ。こちらもゴールデングローブ賞(ドラマ部門)に続いての受賞となる。助演男優賞には、同じくゴールデングローブ賞に続いて『グリーンブック』マハーシャラ・アリが選ばれた。

事前の予想や傾向からやや外れた感があるのが助演女優賞である。『ビール・ストリートの恋人たち』レジーナ・キングが有力視されていたものの、全米俳優組合賞にて選ばれたのは『クワイエット・プレイス』エミリー・ブラントだった。この結果がアカデミー賞にいかなる影響を及ぼすのか、それはまだわからない……。

クワイエット・プレイス
(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

テレビ部門 受賞者リスト

なお、第25回全米俳優組合賞のテレビ部門で受賞した作品・俳優は以下の通り。

  • アンサンブル賞(ドラマ部門):「THIS IS US 36歳、これから」
  • アンサンブル賞(コメディ部門):「マーベラス・ミセス・メイゼル」
  • 男優賞(ドラマ部門):ジェイソン・ベイトマン「オザークへようこそ」
  • 女優賞(ドラマ部門):サンドラ・オー「キリング・イヴ/Killing Eve」
  • 男優賞(コメディ部門):トニー・シャルーブ「マーベラス・ミセス・メイゼル」
  • 女優賞(コメディ部門):レイチェル・ブロズナハン「マーベラス・ミセス・メイゼル」
  • 男優賞(テレビ映画/リミテッドシリーズ部門):ダレン・クリス「アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺」
  • 女優賞(テレビ映画/リミテッドシリーズ部門):パトリシア・アークエット「Escape at Dannemora(原題)」
  • スタント・アンサンブル賞:「GLOW: ゴージャス・レディ・オブ・レスリング」

第25回全米俳優組合賞 授賞式は2019年1月27日(米国時間)に開催された。

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条として、海外の映画・ドラマを中心に執筆しています。日本国内の映画やアニメーションも大好きです。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly