Menu
(0)

Search

ザック・スナイダー『300』第3作が頓挫していた ─ 幻の完結編、美しいラブストーリー

300 〈スリーハンドレッド〉
© Warner Bros. 写真:ゼータイメージ

ザック・スナイダー監督にとって出世作のひとつである『300 〈スリーハンドレッド〉』シリーズ第3作が、概要まで書き上げられていたものの頓挫していたことが明らかになった。

『300』はフランク・ミラー原作のグラフィックノベルを、スナイダー監督ならでは劇画的トーンで映像化した2006年の映画。2014年には第2弾『300 〈スリーハンドレッド〉〜帝国の進撃〜』が公開され、スナイダーは脚本・製作を務めていた。

スナイダー監督がポッドキャスト番組で語ったところによると、実はシリーズ第3作目にして完結編の企画を進めていたものの、実現に至らなかったのだという。

第3作について「取り組むことができなかった」と明かすスナイダー監督は、「パンデミックの間にワーナー・ブラザースと交渉していて、『300』シリーズの最終章を書いていたんです」と説明。でも、実際に書いてみたら別物になってしまって。アレクサンドロス3世についての物語なんですが、ヘファイスティオンとアレクサンドロスの関係性を描く映画に仕上がりました。ラブストーリーになってしまったので、3作目としては合わなくなってしまったんです」。

既に『Blood and Ashes』というタイトルも決まっていたという、幻の第3作。「戦争の中での、とても美しい愛の物語」に仕上がっており、スナイダー自身もやる気ではあったものの、ワーナー・ブラザースに却下されてしまったようだ。

スナイダーはこの頃、ワーナー・ブラザースに対して「彼らはアンチ・スナイダー」と毒づいているのだが、この度も「彼らはあんまり僕のことが好きじゃないみたいだから」と付け加えている。こう公言されては、おそらくスナイダーとワーナー・ブラザースは今後仕事を積極的には行わないだろうし、そうなれば『300』映画第3作もさらに実現しにくくなるだろう。This is Sparta!

Source:The Playlist,Jake’s Takes

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly