Menu
(0)

Search

ザック・スナイダー『300』第3作が頓挫していた ─ 幻の完結編、美しいラブストーリー

300 〈スリーハンドレッド〉
© Warner Bros. 写真:ゼータイメージ

ザック・スナイダー監督にとって出世作のひとつである『300 〈スリーハンドレッド〉』シリーズ第3作が、概要まで書き上げられていたものの頓挫していたことが明らかになった。

『300』はフランク・ミラー原作のグラフィックノベルを、スナイダー監督ならでは劇画的トーンで映像化した2006年の映画。2014年には第2弾『300 〈スリーハンドレッド〉〜帝国の進撃〜』が公開され、スナイダーは脚本・製作を務めていた。

スナイダー監督がポッドキャスト番組で語ったところによると、実はシリーズ第3作目にして完結編の企画を進めていたものの、実現に至らなかったのだという。

第3作について「取り組むことができなかった」と明かすスナイダー監督は、「パンデミックの間にワーナー・ブラザースと交渉していて、『300』シリーズの最終章を書いていたんです」と説明。でも、実際に書いてみたら別物になってしまって。アレクサンドロス3世についての物語なんですが、ヘファイスティオンとアレクサンドロスの関係性を描く映画に仕上がりました。ラブストーリーになってしまったので、3作目としては合わなくなってしまったんです」。

既に『Blood and Ashes』というタイトルも決まっていたという、幻の第3作。「戦争の中での、とても美しい愛の物語」に仕上がっており、スナイダー自身もやる気ではあったものの、ワーナー・ブラザースに却下されてしまったようだ。

スナイダーはこの頃、ワーナー・ブラザースに対して「彼らはアンチ・スナイダー」と毒づいているのだが、この度も「彼らはあんまり僕のことが好きじゃないみたいだから」と付け加えている。こう公言されては、おそらくスナイダーとワーナー・ブラザースは今後仕事を積極的には行わないだろうし、そうなれば『300』映画第3作もさらに実現しにくくなるだろう。This is Sparta!

Source:The Playlist,Jake’s Takes

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly