『スター・ウォーズ エピソード5 / 帝国の逆襲』賞金稼ぎドロイドの4-LOM、ARTFX+でフィギュア化決定

スター・ウォーズ エピソード5 / 帝国の逆襲』(1980)で、ミレニアム・ファルコン号の船長であるハン・ソロを捕らえるため、ダース・ベイダーにより招集された賞金稼ぎたち。その中にあったバウンティ・ハンターの4-LOMが、コトブキヤ「ARTFX+」シリーズにてフィギュア化されることがわかった。
ARTFX+ バウンティ・ハンターシリーズはデンガー、IG-88、ボスク、4-LOM、ザッカスの全5種類。それぞれに、ボバ・フェットが完成するボーナスパーツが封入されている。

「4-LOM」、ARTFX

(C) & ™ Lucasfilm Ltd.

昆虫のような見た目の元プロトコル・ドロイド「4-LOM」はプログラムの欠陥から自ら逃れバウンティ・ハンターとなった出自を持つ。

足裏にはマグネットが入っており、付属の鉄板入りスクエア台座を使って他のキャラクターと並べての展開が可能だ。ハン・ソロを生け捕りにすべく、凄腕のバウンティ・ハンターたちををその手で招集しよう。

ギャラリー(タップで拡大)

発売情報

ARTFX+ バウンティ・ハンター 4-LOM

サイズ:
全高170mm

価格:
9,000円 (税抜)

発売日:
2018年09月

製品詳細:
https://www.kotobukiya.co.jp/product/product-0000002918/

コトブキヤオンラインショップ:
http://shop.kotobukiya.co.jp/shop/g/g4934054903870/

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。