Menu
(0)

Search

50セント、巨大犯罪組織の兄弟描く実話ドラマを製作 ─ 麻薬取引、ヒップホップ、アメリカンドリーム

50セント
Photo by TigerDirect.com https://www.flickr.com/photos/tigerdirect/12387205985/

ラッパーとして活躍する50セント(別名:カーティス・ジャクソン)が、実在の麻薬密売組織ブラック・マフィア・ファミリーを題材にしたドラマ「Black Mafia Family(原題)」をプロデュースすることがわかった。米The Hollywood Reporterが報じている。

全8話構成の本作は、1980年代のデトロイト南西部を舞台に、ブラック・マフィア・ファミリーを設立したディミートリアス(通称:ビッグ・ミーチ)とテリー(通称:サウスウェスト・T)・フレノリー兄弟が、アメリカで最も影響力のある犯罪一家へとのし上がっていく姿を追う。ドラッグの取引を越え、ヒップホップの世界へとビジョンを広げていくフレノリー兄弟がアメリカンドリームを追い求める物語を通して、愛や家族、資本主義といったテーマが描かれるということだ。

製作・脚本を務めるのは、「クリミナル・マインド」シリーズや「STAR 夢の代償」(2016-2019)などで知られるランディ・ハギンズ。放送は米Starz局が担当する。キャストや監督については不明だ。Starzのジェフリー・ハーシュCEOは、発表に際して「『Black Mafia Family』が、フレノリー兄弟の堂々とした姿から、彼らの生きる命がけの危険な世界までを描く素晴らしいドラマになることをお約束します。世界中の視聴者の皆さんにとって素晴らしい体験になると思います」とコメントしている。

ラッパーのほか、俳優やプロデューサーとしても活躍する50セントは、これまでに『大脱出』シリーズや『ザ・アウトロー』(2018)などに出演を重ねている。また、人気の犯罪ドラマシリーズ「POWER/パワー」(2014-2020)では製作・出演を務め、スピンオフシリーズなどもプロデュース。本作も長年にわたり温めてきた企画だというから、50セントのプロデューサーとしての手腕にも大きく期待したい。

あわせて読みたい

Source: The Hollywood Reporter

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly