Menu
(0)

Search

ライアン・レイノルズ主演『6アンダーグラウンド』12月13日配信決定、予告編が到着 ─ 破壊王マイケル・ベイ監督が本領発揮、『ボラプ』ロジャー役俳優も登場

6アンダーグラウンド
Netflixオリジナル映画『6アンダーグラウンド』2019年12月13日(金)より独占配信開始

『デッドプール』シリーズのライアン・レイノルズ、『トランスフォーマー』シリーズなどで知られる“破壊王”マイケル・ベイ監督が初めてのタッグを組んだNetflixオリジナル映画『6アンダーグラウンド』が、2019年12月13日(金)より全世界同時配信される。このたび、“破壊王”の本領発揮となったド派手な予告編と場面写真が公開された。


ハリウッドの2大クリエイターが手を組み、Netflixが空前のスケールで描くアクション超大作である『6アンダーグラウンド』は、世界随一のスキルを持ちながら、過去を消して未来を変えたいと願う、世界中から選ばれた男女6人の精鋭たちの物語。彼らのミッションは、たとえ自分が英雄として知られなくとも、任務の成果が歴史に刻まれること。ライアン演じる謎のリーダーが率いるクセ者揃いの6人が、それぞれのスキルを駆使しながら、イタリアやアブダビなど世界を股にかけて華麗に戦う。

予告編で観る者の度肝を抜くのは、“破壊王”マイケル・ベイが全力投球するアクションの数々だ。映画ファンの間では、マイケル・ベイとMayhem(破壊)を融合させて「ベイヘム(Bayhem)」とも呼ばれるような大爆発と銃撃戦、カーチェイス、高層ビルでのアクションなど、これまで培ってきたアクションと破壊のノウハウをあの手この手で“全部盛り”するかのような勢いだ。ベイ監督のファンならば、きっと過去作品を思い出す場面も少なくないはず。

6アンダーグラウンド
Netflixオリジナル映画『6アンダーグラウンド』2019年12月13日(金)より独占配信開始

チームのメンバーを演じるのは『イングロリアス・バスターズ』(2009)メラニー・ロラン、『マグニフィセント・セブン』(2016)マヌエル・ガルシア=ルルフォ、『パシフィック・リム:アップライジング』(2018)アドリア・アルホナ、『ストレイト・アウタ・コンプトン』(2015)コーリー・ホーキンズ、そして『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)ロジャー・テイラー役のベン・ハーディ。『21ジャンプストリート』『グランド・イリュージョン』シリーズのデイヴ・フランコも出演する。なお、脚本は『デッドプール』シリーズのレット・リース&ポール・ワーニックが執筆した。

Netflixオリジナル映画『6アンダーグラウンド』は2019年12月13日(金)より独占配信開始

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly