Menu
(0)

Search

2020年(第72回)エミー賞、主要候補作品・候補者一覧 ─ 「ウォッチメン」最多で席巻、「マンダロリアン」作品賞入りのサプライズ

第 72 回エミー賞 授賞式
©Television Academy

2020年7月29日、第72回エミー賞(プライムタイム・エミー賞)の全ノミネートが発表された。授賞式は2020年9月20日に開催され、日本では9月26日(土)にFOXチャンネルにて日本独占放送となる。

エミー賞とは、米国テレビ芸術科学アカデミー主催により、毎年アメリカのテレビ業界で功績を残した番組に与えられる賞で、米テレビ界最高峰の栄誉とも称される。本年の司会を務めるのは人気司会者のジミー・キンメルで、今回は3度目の就任となった。

最多ノミネートに輝いたのは、傑作コミックのドラマ版ウォッチメンの26候補。「マーベラス・ミセス・メイゼル」の20候補、「オザークへようこそ」「キング・オブ・メディア」の18候補がその後を追う。最大のサプライズは『スター・ウォーズ』初のドラマシリーズマンダロリアンがこれらに続く15候補を受け、さらにドラマ部門の作品賞候補となっていることだ。

製作局として最も多くノミネートされたのは、Netflixの160候補。ライバルともいわれるHBOは「ゲーム・オブ・スローンズ」が終了したこともあろうか、107候補にとどまった。なお特筆すべきは、合計で102枠ある俳優のノミネーションのうち、35枠(34.3%)を黒人俳優が占めたこと。これはエミー賞史上最も大きな割合となる。

第72回エミー賞、主要部門のノミネーションは以下の通り。

ドラマ部門

作品賞

「ベター・コール・ソウル」 (AMC)
「ザ・クラウン」(Netflix)
ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」(Hulu)
「キリング・イヴ/Killing Eve」(BBC America)
「マンダロリアン」(Disney+
「オザークへようこそ」 (Netflix)
ストレンジャー・シングス」(Netflix)
「キング・オブ・メディア」(HBO)

主演男優賞

ジェイソン・ベイトマン「オザークへようこそ」
スターリング・K・ブラウン「THIS IS US」
スティーヴ・カレル「ザ・モーニングショー」
ブライアン・コックス「キング・オブ・メディア」
ビリー・ポーター「POSE」
ジェレミー・ストロング「キング・オブ・メディア」

主演女優賞

ジェニファー・アニストン「ザ・モーニングショー」
オリヴィア・コールマン「ザ・クラウン」
ジョディ・カマー「キリング・イヴ/Killing Eve」
ローラ・リニー「オザークへようこそ」
サンドラ・オー「キリング・イヴ/Killing Eve」
ゼンデイヤ「ユーフォリア/EUPHORIA」

助演男優賞

ジャンカルロ・エスポジート「ベター・コール・ソウル」
ブラッドリー・ウィットフォード「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」
ビリー・クラダップ「ザ・モーニングショー」
マーク・デュプラス「ザ・モーニングショー」
ニコラス・ブラウン「キング・オブ・メディア」
キーラン・カルキン「キング・オブ・メディア」
マシュー・マクファディン「キング・オブ・メディア」
ジェフリー・ライト「ウエストワールド

助演女優賞

ローラ・ダーン「ビッグ・リトル・ライズ」
メリル・ストリープ「ビッグ・リトル・ライズ」
ヘレナ・ボナム・カーター「ザ・クラウン」
サミラ・ワイリー「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」
フィオナ・ショウ「キリング・イヴ/Killing Eve」
ジュリア・ガーナー「オザークへようこそ」
サラ・スヌーク「キング・オブ・メディア」
タンディ・ニュートン「ウエストワールド」

コメディ部門

作品賞

「ラリーのミッドライフ★クライシス」(HBO)
「デッド・トゥ・ミー ~さようならの裏に~」(Netflix)
「グッド・プレイス」 (NBC)
「インセキュア」(HBO)
「コミンスキー・メソッド」(Netflix)
「マーベラス・ミセス・メイゼル」(Amazon) 
「シッツ・クリーク」 (Pop)
「What We Do in the Shadows(原題)」 (FX)

主演男優賞

アンソニー・アンダーソン「Black-ish(原題)」
ドン・チードル「Black Monday(原題)」
テッド・ダンソン「グッド・プレイス」
マイケル・ダグラス「コミンスキー・メソッド」
ユージン・レヴィ「シッツ・クリーク」
ラミー・ユセフ「ラミー 自分探しの旅」

主演女優賞

クリスティナ・アップルゲイト「デッド・トゥ・ミー ~さようならの裏に~」
レイチェル・ブロズナハン「マーベラス・ミセス・メイゼル」
リンダ・カーデリーニ「デッド・トゥ・ミー ~さようならの裏に~」
キャサリン・オハラ「シッツ・クリーク」
トレイシー・エリス・ロス「Black-ish(原題)」

助演男優賞

アンドレ・ブラウアー「ブルックリン・ナイン-ナイン」
ウィリアム・ジャクソン・ハーパー「グッド・プレイス」
アラン・アーキン「コミンスキー・メソッド」
スターリング・K・ブラウン「マーベラス・ミセス・メイゼル」
トニー・シャルーブ「マーベラス・ミセス・メイゼル」
マハーシャラ・アリ「ラミー 自分探しの旅」
キーナン・トンプソン「Saturday Night Live(原題)」
ダニエル・レヴィ「シッツ・クリーク」

助演女優賞

ベティ・ギルピン「GLOW: ゴージャス・レディ・オブ・レスリング」
ダーシー・カーデン「グッド・プレイス」
イヴォンヌ・オージ「インセキュア」
アレックス・ボースタイン「マーベラス・ミセス・メイゼル」
マリン・ヒンクル「マーベラス・ミセス・メイゼル」
ケイト・マッキノン「Saturday Night Live(原題)」
セシリー・ストロング「Saturday Night Live(原題)」
アニー・マーフィ「シッツ・クリーク」

リミテッドシリーズ/テレビ映画部門

作品賞(リミテッドシリーズ)

「リトル・ファイアー〜彼女たちの秘密」(Hulu)
「Mrs. America(原題)」(Hulu)
「アンビリーバブル たった1つの真実」(Netflix)
「アンオーソドックス」(Netflix)
「ウォッチメン」(HBO)

作品賞(テレビ映画)

『アメリカの息子』
『バッド・エデュケーション』
「ドリー・パートンのハートフル・ソング」より『オールド・ボーンズ』
『エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE』
『アンブレイカブル・キミー・シュミット: キミーVS教祖』

主演男優賞

ジェレミー・アイアンズ「ウォッチメン」
ヒュー・ジャックマン『バッド・エデュケーション』
ポール・メスカル「ふつうの人々」
ジェレミー・ポープ「ハリウッド
マーク・ラファロ「アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー」

主演女優賞

ケイト・ブランシェット「Mrs. America(原題)」
シーラ・ハース「アンビリーバブル たった1つの真実」
レジーナ・キング「ウォッチメン」
オクタヴィア・スペンサー「セルフメイドウーマン ~マダム・C.J.ウォーカーの場合~」
ケリー・ワシントン「リトル・ファイアー〜彼女たちの秘密」

助演男優賞

ディラン・マクダーモット「ハリウッド」
ジム・パーソンズ「ハリウッド」
ティトゥス・バージェス『アンブレイカブル・キミー・シュミット: キミーVS教祖』
ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世「ウォッチメン」
ジョヴァン・アデポ「ウォッチメン」
ルイス・ゴセット・Jr.「ウォッチメン」

助演女優賞

ホランド・テイラー「ハリウッド」
ウゾ・アブダ「Mrs. America(原題)」
マーゴ・マーティンデイル「Mrs. America(原題)」
トレイシー・ウルマン「Mrs. America(原題)」
トニ・コレット「アンビリーバブル たった1つの真実」
ジーン・スマート「ウォッチメン」


第72回エミー賞 受賞式は2020年9月26日(土)夜11:00〜1:30ほか、FOXチャンネルにて日本独占放送。

あわせて読みたい

Source: Variety(1, 2, 3), Deadline(1, 2

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly