Menu
(0)

Search

あなたは結末を「誤訳」する ─ 『9人の翻訳家』予告編&ポスター公開、『ダ・ヴィンチ・コード』出版秘話に基づく本格ミステリ

9人の翻訳家 囚われたベストセラー
© (2019) TRÉSOR FILMS – FRANCE 2 CINÉMA - MARS FILMS- WILD BUNCH – LES PRODUCTIONS DU TRÉSOR - ARTÉMIS PRODUCTIONS

『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズの出版秘話に基づく本格ミステリー映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』より、予告映像とポスタービジュアルが公開された。


トム・ハンクス主演で映画化された『ダ・ヴィンチ・コード』を含む人気小説、「ロバート・ラングドン」シリーズの第4作『インフェルノ』の出版時、極秘裏に驚くべきミッションが行われていた。海賊行為と違法流出を恐れた出版元が、著者ダン・ブラウンの同意を得て、各国の翻訳家を秘密の地下室に隔離して翻訳作業を行わせたのだ。本作は、この前代未聞のエピソードを基にした異色の本格ミステリーだ。

物語の舞台は、フランスの人里離れた村にある洋館。全世界待望のミステリー小説「デダリュス」完結編の世界同時出版のため、9ヶ国の翻訳家が、洋館の地下にある要塞のごとき密室に集められた。彼らは外出はおろかSNSや電話などの通信を禁じられ、毎日20ページずつ渡される原稿を翻訳していく。ところがある夜、出版社社長に「冒頭10ページをネットに公開した。24時間以内に500万ユーロを支払わなければ、次の100ページも公開する。要求を拒めば全ページを流出させる」というメールが届いて……。

9人の翻訳家 囚われたベストセラー
© (2019) TRÉSOR FILMS – FRANCE 2 CINÉMA – MARS FILMS- WILD BUNCH – LES PRODUCTIONS DU TRÉSOR – ARTÉMIS PRODUCTIONS

今回の予告映像は、世界各国から集められた9人の翻訳家が洋館に集められる場面から始まる。空港並みの厳しいセキュリティチェックを抜け、地下室へと案内された9人だったが、「まるで囚人だな」という言葉通り、常に監視されながらの翻訳作業に戸惑いを隠せない。そんな中、出版社社長に脅迫メールが届いた。翻訳家たちは疑心暗鬼に陥り、犯人捜しはエスカレートし、そしてタイムリミットが刻々と迫る。いったい誰が、どうやって、何のために?

9人の翻訳家 囚われたベストセラー
© (2019) TRÉSOR FILMS – FRANCE 2 CINÉMA – MARS FILMS- WILD BUNCH – LES PRODUCTIONS DU TRÉSOR – ARTÉMIS PRODUCTIONS

公開されたポスタービジュアルは、囚われたベストセラー「デダリュス」を思わせる“書影”のイメージ。9人の翻訳家が正面を見据えるビジュアルに、“あなたは、この結末を「誤訳」する”という本作ならではのコピーが添えられた。事実をベースにした斬新な設定に、デジタル時代ならではの仕掛けが融合した、スピード感あふれる本格ミステリーがやってくる。

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』は、2020年1月24日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイント、新宿ピカデリーほか全国順次ロードショー

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly