Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』新作ドラマ「アコライト」の主演俳優が決定 ─ 『ファントム・メナス』の100年前を描くミステリー・スリラー

https://www.instagram.com/p/CgUuuwVp0s9/

スター・ウォーズ』の新作ドラマシリーズ「スター・ウォーズ:アコライト(原題:Star Wars: The Acolyte)」の主演俳優が決定した。米公式SNSにて告知されている。

発表によると、新たな主人公を演じるのは『ディア・エヴァン・ハンセン』(2021)でアラナ・ベック役を演じたアマンドラ・ステンバーグ。『ハンガー・ゲーム』(2012)やデイミアン・チャゼル監督のドラマ「ジ・エディ」(2020)などに出演する新鋭で、2021年12月に出演交渉が報じられていた

出演の正式発表にあたり、アマンドラは自身のInstagramにて「次の停車駅は“はるか彼方の銀河系”。『スター・ウォーズ:アコライト』への参加をようやくお知らせできることを本当にうれしく思います。“光栄”なんてものではありません。フォースとともにあらんことを」とコメントした。

View this post on Instagram

@amandlastenbergがシェアした投稿

「スター・ウォーズ:アコライト」はスカイウォーカー・サーガが始まる以前のジェダイ黄金期、“ハイ・リパブリック”を描くミステリースリラー。『エピソード1/ファントム・メナス』(1999)の約100年前を舞台に、銀河の謎とダークサイドの勃興が紐解かれるという。タイトルの「アコライト(侍者)」とはシス卿の訓練を受ける若き騎士を指しているようだが……。

主人公の設定などは不明だが、米Colliderにて、アマンドラ自身は「非常に複雑な女性キャラクターの歴史に加われることがうれしい」と述べている。“複雑”とは果たして何を意味しているのだろう?

脚本・製作総指揮を務めるのは「ロシアン・ドール: 謎のタイムループ」(2019-)のレスリー・ヘッドランド。2022年5月の時点で脚本作業はほぼ完了しており、「あまり知られていない時代を舞台に、政治や個人、スピリチュアルを掘り下げる」内容だと米Vanity Fairにて語っていた。「『ファントム・メナス』を観て、“どうしてこうなったんだろう”と思ったんです。いかにしてシス卿は元老院に入り込んだのか、なぜジェダイは気づかなかったのか。いったい何を間違ったのか、と」。

ドラマシリーズ「スター・ウォーズ:アコライト(原題:Star Wars: The Acolyte)」はディズニープラスにて配信予定

Source: Variety, Collider, Vanity Fair

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly