Menu
(0)

Search

アダム・ドライバー、サム・ライミ製作のSFスリラー映画に主演 ─ 『クワイエット・プレイス』脚本家が就任

アダム・ドライバー adam driver
Photo by Dick Thomas Johnson https://www.flickr.com/photos/31029865@N06/27163437599/ Remixed by THE RIVER

『スター・ウォーズ』『マリッジ・ストーリー』(2019)などで知られるアダム・ドライバーが、サム・ライミ製作によるSFスリラー映画『65(原題)』にて主演を務めることがわかった。米Deadlineが報じている。

ソニー・ピクチャーズが手掛ける本作には、アダム・ドライバーとサム・ライミの他にも注目の製作陣が名を連ねている。監督・脚本を担当するのは、『クワイエット・プレイス』シリーズの脚本家ブライアン・ウッズ&スコット・ベック。製作にはライミ、ウッズ、ベックの他、「サウスパーク」(1997-)のデビー・リーブリングが参加。今回、物語に関する情報は明らかにされておらず、意味深な数字の題名についても言及されていない。いずれにせよ、期待値が膨れ上がる俳優・製作陣が集結した作品と言えるだろう。

2020年9月現在、アダム・ドライバーは、新型コロナウイルスの影響で休止していた、リドリー・スコット監督『The Last Duel(原題)』の撮影に臨んでいる最中だ。その他にも、ジェフ・ニコルズ監督『Yankee Comandante(原題)』が控えている。また、リドリー・スコット監督&レディー・ガガ主演『Gucci(原題)』にも出演交渉中。複数の作品が待機していることから、本作『65』の撮影時期は現時点では不明とのことだ。

あわせて読みたい

Source:Deadline

Writer

南 侑李
Minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly