Menu
(0)

Search

「ワンダヴィジョン」スピンオフドラマ「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」正式発表

https://twitter.com/MarvelStudios/status/1459200887495159810

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品ワンダヴィジョンより、魔女アガサ・ハークネスのスピンオフドラマ「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス(原題)」の製作が正式発表された。2021年11月12日(米国時間)、「ディズニープラスの日」に告知された。

発表によると、本作にはアガサ役のキャスリン・ハーン、脚本・製作総指揮のジャック・シェイファーが続投。企画そのものは2021年10月に報じられていたが、正式な情報は今回が初めてとなる。既報によると、ジャンルは「ダークコメディ」になるというが、果たして…?

「ワンダヴィジョン」にて、アガサ・ハークネスはワンダ・マキシモフ&ヴィジョンが引っ越したウエストビューの住人・アグネスとして登場。おせっかいな隣人として夫婦に関わっていたアガサ/アグネスには、ある秘めた目的があって……。劇中では、ワンダ・マキシモフがスカーレット・ウィッチとして覚醒するキーパーソンともなっていた。

アガサ役のキャスリンは、第73回エミー賞にてリミテッドシリーズ部門の助演女優賞にノミネートされた。また、第73回プライムタイム・クリエイティブ・アート・エミー賞では、アガサのテーマ曲ともいうべき「すべてアガサの仕業」が音楽賞の歌曲部門を受賞。MTV Movie & TV Awardではキャスリンがベスト・ヴィラン賞に輝くなど、さまざまな賞を射止めている。

Source: Marvel.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly