Menu
(0)

Search

ハリウッド実写映画『AKIRA』お蔵入りポスターが公開 ─ 実現しなかったレオナルド・ディカプリオ製作版

https://www.instagram.com/p/Bu6h3n1FyDL/ スクリーンショット

大友克洋の傑作漫画『AKIRA』(講談社刊)のハリウッド実写映画版について、かつて実現しなかった企画の「お蔵入りポスター」が公開された。当時企画に携わっていた、アーティストのチャーリー・ウェン氏がSNSにて公開した。

マーベル・スタジオのビジュアル・デベロップメント部の代表者として、『アベンジャーズ』(2012)や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)などに携わってきたチャーリー氏は、ゲーム『ゴッド・オブ・ウォー』シリーズに関わったのち、当時レオナルド・ディカプリオがプロデューサーを務めていた『AKIRA』の実写映画化企画に参加していたとのこと。このたび公開されたのは、チャーリー氏自身が手がけた、当時の企画のティザー・ポスターだ。

チャーリー氏が言及しているように、かつて監督として就任していたのはアイルランドの映画監督ルアイリ・ロビンソン。2008年にプロジェクトに参加したが、翌2009年に離脱しており、その後も数多の監督や脚本家が『AKIRA』実写化を試みては企画を去っている。近年の報道では、『トレイン・ミッション』(2018)などのジャウム・コレット=セラ、『マッドマックス』シリーズのジョージ・ミラー、『ワイルド・スピード』シリーズのジャスティン・リン、『ゲット・アウト』(2017)のジョーダン・ピールらに打診があったことが明らかになった。2018年4月には『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)のタイカ・ワイティティ監督が交渉に入ったことを認めていたが、その結果は不明のままだ。

チャーリー氏は投稿の中で、「映像化権を認められてから、ゴーサインを得るため努力して15年が経過しました。ハリウッドは実写映画版『AKIRA』を作るべきだと思いますか?」と問いかけている。さて、あなたはどう思う…?

2019年3月時点での最新情報(2018年4月)

Source: Charlie Wen

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly