Menu
(0)

Search

巨匠アルフォンソ・キュアロン、『夏の沈黙』映像化企画で監督へ ─ ケイト・ブランシェット&ケヴィン・クライン共演

アルフォンソ・キュアロン&ケイト・ブランシェット
Photo by Bruno Chatelin https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Alfonso_Cuar%C3%B3n,_President_jury_Venezia_72_(25805089406).jpg | Paul Cush https://www.flickr.com/photos/paulcushphotography/5811185737/ | Remixed by THE RIVER

『トゥモロー・ワールド』(2006)『ゼロ・グラビティ』(2013)をはじめ、『ROMA/ローマ』(2018)などで知られる巨匠、アルフォンソ・キュアロンがドラマシリーズ「Disclaimer(原題)」で監督を務めることがわかった。ケイト・ブランシェットケヴィン・クラインが主演として起用されている。

2019年、Appleとキュアロンがテレビ・コンテンツにおける複数年に渡る包括契約を締結して以来、はじめてタッグを組んだ作品「Disclaimer」。Apple TV+によると本作の原作は、ルネ・ナイトによるミステリー小説『夏の沈黙』(創元推理文庫)。ブランシェット演じる主人公、キャサリンはテレビのドキュメンタリー制作者として成功を収め、周囲から尊敬の念を集める人物だ。

順風満帆な生活を送っていたキャサリンだったが、ある日、クライン演じる妻を亡くした男が執筆した見覚えのない本を自宅で発見。その本を開いたキャサリンは、自分自身が物語の主人公であることに気づき愕然する。そこには、キャサリンが長年に渡り隠してきた暗い秘密を暴露する内容が記されていた。それも彼女だけが知るはずの秘密……。

キュアロンはドラマの全話で監督・脚本のほか、ブランシェットとともに製作総指揮を務める。撮影監督は、『ゼロ・グラビティ』『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(2014)『レヴェナント: 蘇えりし者』(2015)などのエマニュエル・ルベツキ、『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』(2013)『バスターのバラード』(2018)などのブリュノ・デルボネルが担当する。圧倒的な映像美を見せてくれるに違いない。

あわせて読みたい

Source: Apple TV+

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly