Menu
(0)

Search

『エイリアン』ドラマ版、「リプリーの物語ではない」と製作者 ─ 舞台は地球、不平等がもたらす影響描く

エイリアン
(C)2012 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

SF映画の金字塔『エイリアン』のドラマシリーズが、「FARGO/ファーゴ」(2014-)「レギオン」(2017-2019)のノア・ホーリーのもとで進行中だ。地球が舞台となること以外の詳細はこれまで明らかにされてこなかったが、このたび新たな情報が到着している。

Vanity Fairのインタビューにて、クリエイターのホーリーは「リプリーの物語ではない」と物語の根底について明かした。ホーリーのいうリプリーとは、『エイリアン』シリーズにてエイリアン/ゼノモーフを前にしても勇敢に戦った宇宙航海士のことだ。シリーズを通しての主人公であり重要人物だが、そんな彼女を登場させない理由についてホーリーは、「彼女は史上最高のキャラクターのひとりであり、物語は完璧に語られていると思うので、それを台無しにはしたくない」と説明している。

ホーリーはつづけて、ドラマシリーズのテーマとなるものについて語った。「原始的で寄生的な過去と、人工知能が当たり前となった未来の狭間に置かれている人類の話で、どちらも私たちを殺そうとしている。人類は未来に進むことも、過去に戻ることもできない」。どうやら、容赦なく迫りくる怪物たちと人間の死闘を描くだけではなさそうだ。また、「汚れ仕事をさせるために派遣する人間」と「派遣される側の人間」を通して、「不平等」についても捉えていくとのこと。

「私たちが今苦しんでいる不平等が解決されなかったときに何が起こるのかを見ることになるでしょう。もしも私たちの社会が、お互いを支え合い、富を広げる方法を見つけることが出来なかったら、果たして人類はどうなってしまうのか。」

エイリアンを描く作品は閉鎖空間を舞台に展開されることが多いが、このたびのドラマシリーズでは少しばかりいつもより開放的な場所、すなわち地球を舞台にすることにしたのだという。「エイリアンを封じ込められなかったらどうなるのか」。なおホーリーによると、2話分の脚本がすでに執筆済みで、2022年春に撮影開始を予定しているとのことだ。

Source:Vanity Fair

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly