Menu
(0)

Search

『エイリアン』ドラマ版、エジソンVSウェスティングハウスVSテスラ的構図の物語に? ─「人類は生き残るに値する存在なのか」

エイリアン
(C)2012 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

SF映画の金字塔として不動の地位に立つ『エイリアン』(1979)。そのドラマ版企画が、「FARGO/ファーゴ」(2014-)「レギオン」(2017-2019)のノア・ホーリーおよび、FX製作のもとで少しずつではあるが着実に進行中のようだ。

既報によると本作は、シリーズのメインキャラクターのひとりであるリプリーの物語ではなく、地球を舞台に、「汚れ仕事をさせるために派遣する人間」と「派遣される側の人間」を通して、「不平等」を紐解いていく内容になると伝えられている。またテーマとなるのは、「原始的で寄生的な過去と、人工知能が当たり前となった未来の狭間に置かれている人類の話で、どちらも私たちを殺そうとしている。人類は未来に進むことも、過去に戻ることもできない」というものだ。

この度、Esquireのインタビューにてノア・ホーリーがドラマ版企画の進捗を明かしており、「上手くいっています。規模を考えるとゆっくりと進んでいますけど」とのこと。2023年の米国放送を目指して着実に前進しているようで、その中身についてホーリーは、『エイリアン』シリーズの物語を紐解きながら以下のように説明している。

「『エイリアン』はただのモンスター映画ではありません。原始時代の過去と人工知能の未来の狭間で、私たちがどのように閉じ込められていて、その両方が私たちを殺そうとしているという魅力的な物語が描かれているのです。(ドラマ版の)舞台となるのは未来の地球。現時点では、エジソンVSウェスティングハウスVSテスラと表現しておきます。誰かが電気を独占してしまうみたいな。ただ、それが誰になるのかわからないのです。」

「映画では、ウェイランド・ユタニ社が人工知能の開発を進めています。しかし、サイボーグやトランスヒューマンの進化など、別の方法で不老不死を実現しようとしている企業が存在したらどうでしょうか。どちらの技術が勝つのでしょうか」とホーリーはつづけている。“人類は生き残るに値する存在なのか”というのが大きな着目点となるようで、まさにホーリーが過去に述べていたように、「不平等」を題材とした現代社会にも通じる物語となりそうだ。

Source:Esquire

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly