Menu
(0)

Search

歴史的文豪、最期の3年間『シェイクスピアの庭』公開決定 ─ シェイクスピアを知り尽くす男ケネス・ブラナー、ついに本人役に挑む

シェイクスピアの庭
© 2018 TKBC Limited. All Rights Reserved.

没後400年以上を経た今も愛され続ける、あまたの名作を送り出した英国の文豪ウィリアム・シェイクスピア(1564-1616)。『ヘンリー八世』上演中にグローブ座を焼き尽くした大火災ののち、断筆したシェイクスピアの“知られざる最期の日々”を描いた映画『All Is True(原題)』が、邦題『シェイクスピアの庭』として、2020年3月6日(金)よりBunkamura ル・シネマほか全国順次公開となる。

「才能あふれたシェイクスピアが、なぜ49歳の若さで引退したのか」。この問いかけに基づき、監督・主演を務めたのは、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー出身で、舞台はもちろんのこと、『ヘンリー五世』(1989)『から騒ぎ』(1993)『ハムレット』(1996)などで監督・主演を担ってきたケネス・ブラナーだ。

シェイクスピアを深く知る俳優であり演出家・映画監督であるブラナーは、『マイティ・ソー』(2011)をはじめ、その他の作品でもシェイクスピア作品のエッセンスを端々に取り入れてきた。『ヘンリー八世』の別題である『All Is True』を原題とする本作は、断筆したシェイクスピアがロンドンを去り、故郷ストラットフォード・アポン・エイヴォンで過ごした人生最期の3年間に焦点を当て、“人間ウィリアム・シェイクスピア”の姿を丁寧に描き出した。

シェイクスピアの妻アンを演じるのは、『恋に落ちたシェイクスピア』(1998)でアカデミー賞®助演女優賞に輝き、2016年にはローレンス・オリヴィエ賞で史上最多8度目の受賞を果たした名女優ジュディ・デンチ。また、シェイクスピアが著した『ソネット集』の“美青年”のモデルであるサウサンプトン伯爵を、映画や演劇、テレビドラマなどで60以上の受賞歴を有する、『X-MEN』『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの名優イアン・マッケラン。ケネス・ブラナーによる新たな挑戦を、「デイム」「サー」の称号を持つ英国演劇界のレジェンド2人が支えた。

さらにスタッフにも強力な顔ぶれが集結。『ある公爵夫人の生涯』(2009)でアカデミー賞に輝いたマイケル・オコナーが衣装を手がけ、『ハムレット』『いつか晴れた日に』(1995)でアカデミー賞候補となったパトリック・ドイルが音楽を担当する。

映画『シェイクスピアの庭』は、2020年3月6日(金)Bunkamura ル・シネマほか全国順次ロードショー

シェイクスピア作品の懐の深さよ

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly