Menu
(0)

Search

『トイ・ストーリー』バズ声優、『バズ・ライトイヤー』に複雑なレビュー ─ 「もっとつながりがあれば良かった」

バズ・ライトイヤー
©2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ディズニーピクサー『トイ・ストーリー』シリーズでお馴染み、スペース・レンジャーのバズ・ライトイヤーの知られざる物語を描く『バズ・ライトイヤー』が日本で公開になった。

知られざる物語、と言っても、事情は少し特殊だ。本作は、『トイ・ストーリー』のアンディ少年が夢中になった映画であり、我々が知るバズのオモチャは、この映画の関連商品だった、という構造。いわば劇中劇のようなものだ。

そのため、バズの顔つきも『トイ・ストーリー』のカートゥーン調のデザインとは少し異なるリアル調。特に大きな変化が声優だ。日本語吹替版でも、本作のバズは所ジョージではなく鈴木亮平が担当。本国版では、ティム・アレンからクリス・エヴァンスへ交代されている。

映画では冒頭に、アンディが1995年にバズのオモチャをもらったことと、これはアンディが当時夢中になった映画だ、というテロップが表示されるのみで、映画『トイ・ストーリー』に直接繋げられるような描写はない。あくまで、スペース・レンジャーのバズが活躍するSF作品として終始する。

オリジナル版声優のティム・アレンは、そこに寂しさを感じている。「短く答えるのなら、今回は私には関係ない。これは全く新しいチームによるもので、最初の映画とは何も関係がないんです」と、米Varietyに心境を打ち明けている。

『バズ・ライトイヤー』は、危険な惑星に不時着したスペース・レンジャーのバズが、仲間たちと協力しながら脱出ミッションに挑むという内容。シリーズでお馴染みの宿敵ザーグのほか、これまで語られなかったキャラクターたちも登場する。

アレンは本作について「素晴らしい物語」と評価しながら「でも、あのオモチャとは何の関係もないみたいですね。ちょっと……どうだろう」と落胆するようなコメントを続けている。「バズに関係ないものだからね。つながりがない。もっとつながりがあれば、良かったんだけども」。

海外の先行レビューでは、単に「SF超大作」として評価される声も目立った。『トイ・ストーリー』関連作と期待して鑑賞すると評価も分かれそうな内容だから、一つのSF映画として新鮮な気持ちで楽しむのが良さそうだ。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly