Menu
(0)

Search

クリス・プラット「誇張されてないリアルなアクション楽しんで」 ─ ドラマ「ターミナル・リスト」テイラー・キッチュとWインタビュー

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『ジュラシック・ワールド』シリーズなどのクリス・プラット主演、Amazon Originalドラマターミナル・リストが、2022年7月1日(金)より、Prime Video にて配信開始となった。

全8話となるドラマ「ターミナル・リスト」は、ジャック・カーによる同名小説を基に、極秘任務中に小隊全体が待ち伏せされた米海軍特殊部隊“Navy SEALs”の隊長、ジェームズ・リース(クリス・プラット)を描く作品。リースは、なぜ極秘任務にも関わらず待ち伏せされていたのか、という疑問を抱えたまま、家族のもとに帰っていく。しかし、新たな証拠が明らかになるにつれ、リースはある陰謀の存在を知り、自身の人生だけでなく、愛する人々の人生も危険に晒すことになると気づく……。『イコライザー』『トレーニング・デイ』などのアントワーン・フークアが製作総指揮に参加し、骨太な世界観を作り上げた。

THE RIVERでは、このドラマで過酷な運命に翻弄され、そして視聴者をも翻弄する主人公ジェームズ・リースを演じたクリス・プラットと、彼が唯一信頼する兄弟分、ベン・エドワーズ役テイラー・キチュにインタビューを行った。実際の映像を動画にまとめたので、合わせてお楽しみいただきたい。

「ターミナル・リスト」クリス・プラット&テイラー・キッチュ  動画インタビュー

──初めまして!このドラマの最初の2話を鑑賞させていただきました。とても面白いですね。

クリス&テイラー:ありがとう!

──クリス、あなたの演技にはいつも驚かされますが、今作ではPTSDを持つ役で、あまり表情が動きませんね。目は冷たくて、滅多に笑いません。それでも、彼の持つ迷いの心や恐怖心がよく表現されていたと思います。どのように役の準備をしたのでしょうか。実際の退役軍人にも話を聞きましたか?

クリス:そう言ってくれて嬉しいです!ありがとう。そうですね、役作りの段階やドラマの製作中は、実際の海軍特殊部隊の方々と共に過ごしていました。 それから、原作者のジャック・カーもエクゼクティブ・プロデューサで入っているのですが、彼自身も元海軍兵です。それに、共同プロデューサーのジャレッド ・ショウという者がいて、僕のビジネス・パートナーなんですが、彼も元海軍兵。さらに、特殊部隊の方も数名参加していたので、役作りにおいては彼らと多くの時間を過ごしました。とても参考になりました。

──このサスペンスフルなドラマでは、常に緊張感が漂っています。だから、おふたりのブラザーフッドが、ちょっとした安らぎになっているように思いました。ふたりはどのように仲を深めましたか?遊びに出かけることはありましたか?

テイラー:彼はすごく穏やかな人で、エゴがほとんどないんです。そのおかげで僕も招き入れられたような。あっという間に仲良くなりましたね。すんなり、という感じ。

このドラマでの僕たちのブラザーフッドは、視聴者として深く理解すればするほど、様々な層で展開されていくのがわかると思います。僕たちも、演じていてそこが楽しみなところ。時々、ミスリードになっているところもあって、そこも見どころです。

ターミナル・リスト
(c)Amazon Studios

──先ほどアントワーン・フークア監督とお話しした時に、このドラマのアクションはほとんど全て本物だとおっしゃっていました。クリス、あなたは『ジュラシック・ワールド』や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で、スタントには慣れていらっしゃると思います。それでも、今回のスタントは新しかったですか?

クリス:そうですね、現実に根ざしたものであれば、よりリアルに感じられます。誇張された世界観であれば、1人の男が何百人もの猛者を殺していく、というのもまぁ成立すると思います。でも、厳密にリアルな世界観の中で、一対一の戦いをやる方が、よっぽど恐ろしい。リアルに描かれていればね。

ターミナル・リスト
(c)Amazon Studios

それで、本作のアクションが壮大に感じるのは、それらが全て現実に根ざしているからです。実際に起こり得ることだからです。これはスーパーヒーローものじゃないし、僕はCGキャラと戦っているわけではない。誇張されたものではなく、現実の世界観なんです。

だから、現実的で直感的だと感じてもらえたら嬉しいです。誇張されていないからこそ、アクションシーンの一部になったように感じられると思いますよ。

ターミナル・リスト
(c)Amazon Studios

Amazon Originalドラマ「ターミナル・リスト」は、2022年7月1日(金)よりPrime Videoにて独占配信中。

あわせて読みたい

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly