Menu
(0)

Search

『アメリカン・ユートピア』演奏映像が公開 ─ トーキング・ヘッズ『Once In A Lifetime』名曲披露

アメリカン・ユートピア
©2020 PM AU FILM, LLC AND RIVER ROAD ENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED

元トーキング・ヘッズのフロントマンであるデイヴィッド・バーン、『ザ・ファイブ・ブラッズ』(2020)などのスパイク・リー監督。現代の米国を代表するふたりによる映画『アメリカン・ユートピア』が、2021年5月7日より全国公開される。この度、全21曲、107分の熱狂の本編の中から、トーキング・ヘッズの人気曲『Once In A Lifetime』の演奏映像が到着した。

本作の原案となったのは、 デイヴィッド・バーンによるアルバム「アメリカン・ユートピア」(2018)。このアルバムのワールドツアー後、ブロードウェイのショーとして再構築された舞台が2019年に始まり、その斬新な内容は大評判となった。映像化の可能性を考えたデイヴィッド・バーンは、スパイク・リーに声をかけ、映画化企画が本格始動。ドキュ メンタリーでもなく記録映画でもない、いまだかつてないスタイルのライヴ映画が完成した。

このたび公開となった映像では、デイヴィッド・バーンがマリオネットのように踊る姿から始まる。イントロが流れると湧き上がる観客。デイヴィッドがスポットライトを浴びながら語りかけるような姿を映し出す。そしてサビに入ると、11人の音楽家たちが合流し、1列に並んで、スペクタクルなパフォーマンスとハーモニーを披露する。

この『Once In A Lifetime』は、NMEが選ぶ「史上最高の曲500」にて、30位にも選ばれている。この曲は、1980年に発表された、ブライアン・イーノがプロデュースしたトーキング・ヘッズの4thアルバム「リメイン・イン・ライト」に収録。このアルバムはローリング・ストーン誌が選んだ「オールタイム・グレイテスト・アルバム 500」(2020)でも39位に選出、日本でもお気に入りに選ぶ音楽家たちも多い。故・今野雄二氏が「原始と原子の火花散る出会い」と評した、ニューウェイブとアフリカンミュージックの融合。あれから41年。時代を超えて愛される一枚だ。

『アメリカン・ユートピア』は、2021年5月7日(金)より、TOHOシネマズ・渋谷シネクイント他全国ロードショー。

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly