Menu
(0)

Search

『ローグ・ワン』前日譚ドラマ「アンドー」2022年晩夏に配信 ─ モン・モスマも登場へ

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

映画ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016)に登場したキャシアン・アンドーの過去を描くドラマシリーズ「スター・ウォーズ:アンドー(原題:Andor)」が、2022年晩夏にディズニープラスにて配信開始される見込みであることがわかった。米Vanity Fairの特集記事によって明らかになった。

本シリーズは、『ローグ・ワン』から5年前を舞台に、反乱軍のスパイであるキャシアン・アンドーの“語られざる冒険”が描かれる。『ローグ・ワン』でペンをとり、「アンドー」に脚本・監督で参加したトニー・ギルロイは、シーズン1のテーマについてこう語っている。

「この男(アンドー)は銀河のために命を捧げました。そうですよね?つまり、彼は意識的かつ冷静に虚栄心もなく、名声も求めることなく自分を犠牲にしたんです。誰がそんなことをするでしょうか?

それがファーストシーズンのテーマであり、革命を嫌い、皮肉屋で途方に暮れ、混乱している彼が描かれます。

アンドーの第2の故郷がシーズン1全体の拠点となり、視聴者はその場所が(政治的に)過激化して植民化されるようにバラバラになり、姿を抱えてしまった惑星を目にします。急速に拡大しつつある帝国が邪魔者を一掃していくのです。」

また「アンドー」では、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005)に銀河元老院の議員として登場し、『ローグ・ワン』では反乱軍のリーダーとなったモン・モスマにも焦点が当てられるという。モスマの物語はアンドーの過去と並行して描かれるようだ。『エピソード3/シスの復讐』『ローグ・ワン・スター・ウォーズ・ストーリー』でモスマを演じたジュネヴィーヴ・オライリーが続投する。

その他のキャストに名を連ねるのは、『DUNE/デューン 砂の惑星』(2021)のステラン・スカルスガルド、『モービウス』のアドリア・アルホナ、『エノーラ・ホームズの事件簿』(2020)のフィオナ・ショウ、『コレット』(2018)のデニース・ゴフほか。

「スター・ウォーズ:アンドー(原題:Andor)」は、2022年晩夏にディズニープラスにて配信開始予定。

Source:Vanity Fair

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly