Menu
(0)

Search

俳優引退のブルース・ウィリスがマフィアのボスに、アクション映画『White Elephant』予告編が米公開 ─ マイケル・ルーカー共演

https://youtu.be/RpNJ02UlX9Y

俳優引退を表明したブルース・ウィリス。その引退作のひとつである新作映画『White Elephant(原題)』の予告編が、米IGNより公開されている。

アクションスリラーである本作の主人公は元海兵隊員の男、ガブリエル・タンクレディ(マイケル・ルーカー)。いまでは殺し屋を稼業とするガブリエルは、ふたりの警察官から暗殺未遂を目撃された後、冷酷なマフィアのボス(ブルース・ウィリス)から、あらゆる脅威を排除するように命じられる。

公開された予告編では、ガブリエルが血みどろの戦いを繰り広げる様子が映し出されていく。死体の山を躊躇せずに燃やしたり、巧みな銃さばきで敵を一掃したりなど、相手に一切の情けをかけないガブリエル。映像の最後には、ウィリスふんするマフィアのボスが自ら戦いに参戦する姿も登場。この容赦ない男が着ている白いスーツには、返り血と見られる大量の血が付着している。

予告編から気になるのは、ガブリエルが暗殺未遂の目撃者である警官と協力しているような様子が描かれていること。これはマフィア側を裏切るということなのか、謎が深まるばかりだ。この警官役を演じているのは、『007 慰めの報酬』(2008)『オブリビオン』(2013)などのオルガ・キュリレンコである。

監督を務めるのは、ジェシー・V・ジョンソン。『アメリカン・エネミーズ』(2009)『マキシマム・ブロウ』(2013)『トリプル・スレット』(2019)など、アクション映画を数多く手掛けてきたことで知られる監督だ。エリック・マルティネスとともに脚本も兼任している。ちなみにジョンソン監督は、ウィリスとの撮影で再開した時について、「私の知っているブルースではなかったです」と振り返っていた

映画『White Elephant(原題)』は、2022年6月3日よりAMC+にて配信および劇場公開予定。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly