Menu
(0)

Search

『tick,tick…BOOM!』アンドリュー・ガーフィールド「ミュージカルをまたやりたい」

tick, tick…BOOM!:チック、チック…ブーン!
Netflix映画『tick, tick…BOOM!:チック、チック…ブーン!』独占配信中

『アメイジング・スパイダーマン』シリーズをはじめ、『ハクソー・リッジ』(2016)『アンダー・ザ・シルバーレイク』(2018)など優れた作品への出演を重ねる俳優、アンドリュー・ガーフィールド。2021年には『tick, tick… BOOM! : チック、チック…ブーン!』にてミュージカル映画にも初挑戦し、ゴールデングローブ賞では主演男優賞に輝き、アカデミー賞への候補入りにも期待がかかっているのだ。そんなガーフィールドは、ミュージカル俳優としての今後に意欲を示している。

『tick, tick… BOOM! : チック、チック…ブーン!』にてガーフィールドが演じたのは、ミュージカル「RENT/レント」を生み出した実在の作曲家、ジョナサン・ラーソン。35歳という若さでこの世を去った作曲家の苦悩を繊細に表現しただけでなく、全編を通して見事な踊りと歌声を披露していた。

Varietyのインタビューにてガーフィールドは、ミュージカル俳優としての今後について、「歌うことを続けたい」と前向きな姿勢をみせている。本作にて監督を務めたリン=マニュエル・ミランダは、ブロードウェイミュージカル『イン・ザ・ハイツ』『ハミルトン』にてトニー賞、グラミー賞など数々の賞に輝いてきた巨匠。そんなミュージカル界を代表する人物についてガーフィールドは、「自分の才能を伸ばしていただきました」と述べている。

本作の劇中、ガーフィールドふんするジョナサンがピアノを弾く場面が登場する。「自宅の部屋にピアノがあるのですが、これから数週間に渡り何回か、自分のためにプライベート・セッションをやるつもりです。瞑想の練習のようなものです」。プライベートセッションを公開する可能性は低そうだが、「素晴らしい出会いだったので、(ミュージカルを)ぜひまたやりたいです」と意欲を示していることから、さらなるミュージカル映画への出演に期待したいところだ。

なおガーフィールドは、「いま名付け親の娘のために曲を書いているところなんです」と話しており、さっそく本作での経験が活かされているようだ。「とてもかわいい曲で、ジョナサン・ラーソンや僕の人生に関わる人たちからとても影響を受けています」。

あわせて読みたい

Source: Variety , Screen Rant

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly