Menu
(0)

Search

死霊館最新作『アナベル 死霊博物館』9月20日公開、US版予告映像が到着 ─ アナベル版『ナイト ミュージアム』爆誕

アナベル 死霊博物館
© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

世界興収15億ドル超えの大人気シリーズ、『死霊館』ユニバースの最新作『Annabelle Comes Home(原題)』が、邦題『アナベル 死霊博物館』として2019年9月20日(金)に全国公開されることが決定。このたびUS版予告映像が到着した。


『死霊館』(2013)で世界中を恐怖のどん底に陥れたアナベル人形は実在し、現在もコネティカット州の博物館に保管され、神父による祈祷が月に2度行われているという。アナベル人形の誕生と経緯を描いた『アナベル 死霊館の人形』(2014)『アナベル 死霊人形の誕生』(2017)につづく本作『アナベル 死霊博物館』には、『死霊館』シリーズでおなじみのウォーレン夫妻が登場。ユニバースを繋ぐ重要な一作として注目が集まっている。

アナベル版『ナイト ミュージアム』爆誕

「そこにあるものは、全て呪われ封印されている」。超常現象研究家であるウォーレン夫妻の自宅地下には、死霊の呪いが憑りついたいわく付きの品々が展示された保管室があった。部屋の一番奥にあるガラスケースにはアナベル人形が封印されている。とある夫婦に想像を絶する恐怖をもたらしたアナベルは、極めて危険かつ強大な力をもつため、神父立会いのもとで厳重に封印されたはずだった。

ある夜、留守になるウォーレン夫妻に代わって娘のジュディの面倒を見るためにメアリーとクラスメイトのデニースが自宅を訪れる。デニースが「あんたの家、怖いものがあるんだって?」と聞けば、ジュディは「地下にね。でも大丈夫、そこにさえ入らなければ」と答えるのだった。しかし、そう言われて部屋に入らないホラー映画のヒロインはいない。保管室に足を踏み入れたデニースは、“警告 決して開けるな”と張り紙のされたアナベル人形のガラスケースにたどり着く。アナベル人形の力が解き放たれ、ありとあらゆる展示物に夥しい死霊が憑りついた。まさしく“死霊の博物館”、少女たちに最恐の呪いが襲いかかる!

『死霊館』シリーズの生みの親で、本作のプロデューサーを務めたジェームズ・ワンは、2018年7月のイベントで本作について「アナベル版『ナイトミュージアム』になる」と発言。「今回は確実に彼女が主役」とあって、いよいよアナベルがスクリーン狭しと、“死霊博物館”狭しと大活躍することに……。

アナベル 死霊博物館
© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

本作にはウォーレン夫妻役で、『死霊館』シリーズに続きパトリック・ウィルソンベラ・ファーミガが登場。夫婦の娘であり主人公のジュディ役は、『gifted/ギフテッド』(2017)や『アイ,トーニャ』(2017)、『キャプテン・マーベル』(2019)など話題作が相次ぐ注目の子役マッケナ・グレイス。『ゴーストバスターズ』新作にも出演することが発表されたが、本作でもゴーストをバストすることができるかどうか。そのほか『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(2017)のジェイソン・アイズマンも出演する。

映画『アナベル 死霊博物館』は2019年9月20日(金)に全国ロードショー

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly