Menu
(0)

Search

『X-MEN: ダーク・フェニックス』スタン・リーのカメオ出演なし ─ 「大きな役割を長年担っていただきました」

©THE RIVER

映画『X-MEN』シリーズの最新作にして、現行体制での最終作になるとみられる『X-MEN: ダーク・フェニックス』に、アメコミ界の巨匠である故スタン・リーのカメオ出演シーンは含まれていないという。

Cinema Blendのインタビューに応じたサイモン・キンバーグ監督は、スタンのカメオ出演シーンの有無を問われると「カメオ出演はありません」と答えた「スタンに敬意を払って、隠さずに公表したいと思います。(作品には)スタンへの敬意を込めています」。

『X-MEN: ダーク・フェニックス』の撮影は2017年6~10月にかけて行われた。スタンがこの世を去ったのは2018年11月だったため、死去の約1年前に本撮影はすべて完了していたことになる。監督は撮影当時を振り返って、「亡くなるなんて思いもしませんでした。まだお元気でしたからね」と話した。

「(映画版『X-MEN』で)スタンには大きな役割を長年担っていただきました。カメオ出演もありましたし、製作中にはアイデアもいただきました。長い時間をともに過ごせたことを幸運に思います。『X-MEN: アポカリプス』(2016)のカメオ出演シーンではご自宅にお伺いしましたね。スタンと奥さん(故ジョアン・リー)のシーンは非常に特別な場面です。」

スタンは映画版『X-MEN』のメインシリーズにおいて、第1作『X-メン』(2000)と第3作『X-MEN: ファイナル ディシジョン』(2006)、『アポカリプス』の3作品にカメオ出演。スタンと妻ジョアン氏が共演した『アポカリプス』は、ジョアン氏が2017年7月に亡くなる1年前に公開されている。ジョアン氏はアニメやドキュメンタリー作品に出演しているが、実写映画へのカメオ出演は同作が最初で最後となった。

公開が近づきつつある現在、サイモン監督は『X-MEN: ダーク・フェニックス』について「すでに『X-MEN』において特別な一作だと感じています」と述べている。

「あらゆる意味でシリーズの集大成ですし、『ダーク・フェニックス』は『X-MEN』の究極版ですから。スタンが亡くなったことも、この映画にさらなる重みをもたらしたと思います。私やファンのみなさんにとって、ある意味ではスタンご自身にとっても『X-MEN』は最高の到達点だと思うんです。」

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』は2019年6月21日(金)全国ロードショー

『X-MEN: ダーク・フェニックス』公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/darkphoenix/

あわせて読みたい

Source: CB

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly