Menu
(0)

Search

『ゲット・アウト』『アス』製作者のタイムスリップ・ホラー、劇場公開を見送り9月米配信へ ─ 『ハリエット』ジャネール・モネイ主演

『Antebellum(原題)』
https://www.instagram.com/p/CDj6Jgwpj0B/

『ドリーム』(2017)『ハリエット』(2019)などで知られる、女優・歌手のジャネール・モネイが主演のタイムスリップ・ホラーAntebellum(原題)』が、2020年9月18日より米国にて配信リリースされる。米ライオンズゲートが発表した。

この投稿をInstagramで見る

Finally discover #Antebellum, the ultimate big screen event – watch on demand at home September 18, 2020.

ANTƎBELLUM(@antebellumfilm)がシェアした投稿 –

“南北戦争前、戦前”の意味を持つ題名の『Antebellum』は、成功を収めた現代の作家ベロニカが、悲惨な奴隷制度が色濃く残る19世紀のアメリカ南部にタイムスリップしてしまう姿を描く、時空を超越した作品。ベロニカは恐ろしい状況に直面していく中、手遅れになる前に不可解な謎を解き明かさなければならない……。

本作は当初、2020年4月24日に米国公開予定だったが、新型コロナウイルスの影響を受けて8月21日に延期。その後、米国での感染状況を鑑みて、一時的に無期限延期とされていた。続報が待ち望まれていた中、この度、劇場公開を見送ることが発表されたというわけだ。本作で監督を務めた新鋭ジェラルド・ブッシュ&クリストファー・レンツは、「劇場体験を重視して作品を製作しました」と率直な想いを寄せながらも、配信リリースすることの意義も明確に見出しているようだ。人種差別の問題に直面する米国は現在2020年になって、状況が頂点に達しています。そのため、健康と安全を最優先に考慮しながら、可能な限り多くの視聴者に本作を届ける必要があると考えています」

出演者にはジャネール・モネイの他、『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』(2018)のキアシー・クレモンズ、『ウインド・リバー』(2017)のエリック・ラング、『アイリッシュマン』(2019)のジャック・ヒューストン、『プレシャス』(2009)のガボレイ・シディベ、「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)のロバート・アラマヨ、『ネオン・デーモン』(2016)のジェナ・マローンなどが参加。製作にはジェラルド・ブッシュ&クリストファー・レンツの他、『ゲット・アウト』(2018)『アス』(2019)のショーン・マッキトリック、『シンクロナイズドモンスター』(2016)のゼヴ・フォアマンなどが就任している。

映画『Antebellum(原題)』は2020年9月18日に米国配信開始。

あわせて読みたい

Source: Deadline Antebellum

Writer

南 侑李
Minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly