Menu
(0)

Search

アンソニー・マッキー、Netflixアクションスリラーで主演&製作 ─ 『ダークナイト ライジング』スタントマンの脚本作

アンソニー・マッキー
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/48469318202/

『アベンジャーズ』『キャプテン・アメリカ』シリーズのファルコン/サム・ウィルソン役や「オルタード・カーボン」(2018-2020)などで知られるアンソニー・マッキーが、Netflixアクション映画『The Ogun(原題)』で主演&製作を務めることがわかった。米The Hollywood Reporterが報じている。

本作の主人公は、稀な遺伝子疾患を抱える10代の娘の父親ザビエル・ローズ(マッキー)。治療法を求めに、ザビエルは娘をナイジェリアへと連れて行く。ところが、何者かが娘を誘拐。怒りに駆られたザビエルは能力を限界まで駆使して、犯罪がはびこる闇社会で娘を探し回る。なお、本企画は映画『ジョン・ウィック』とゲーム『ダンテズ・インフェルノ』が交錯したような作風になるという。

脚本を務めるのは、『ダークナイト ライジング』(2012)『大統領の執事の涙』(2013) などでスタントを務めてきたマディソン・ターナー。2017年には、ジョシュ・ハートネット主演のアドベンチャー映画『マイナス21℃』で脚本デビューを飾った。マッキーのほか製作には、『バース・オブ・ネイション』(2016)『ユピテルとイオ 地球上最後の少女』(2019)などのジェイソン・マイケル・バーマンが名を連ねている。なお、現時点で監督は未定とのことだ。

主演のマッキーは、『ユピテルとイオ』「ブラック・ミラー」(2019)「オルタード・カーボン」など、Netflix作品への出演を重ねてきた。『The Ogun』は、Netflixオリジナル作品の中で『ユピテルとイオ』に次ぐプロデュース作ということで、製作者としての手腕が試される1作ということにもなりそうだ。

Source: THR

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly