Menu
(0)

Search

アンソニー・マッキー、カーバトルゲーム『ツイステッド・メタル』ドラマ実写化で主演 ─『デッドプール』脚本家が原案、牛乳配達員の危険な任務描く

anthony mackie アンソニー・マッキー
Public Domain https://www.flickr.com/photos/lbjlibrarynow/26359490693/

「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021)などのアンソニー・マッキーが、カーバトルゲームツイステッド・メタル』のドラマ実写化企画で主演・製作総指揮を務めることがわかった。米Deadlineが報じている。

『ツイステッド・メタル』シリーズは、プレイヤーが相手の車を重火器などの派手な武器で容赦なく破壊していくという、爽快感と緊迫感にあふれたカーバトルゲーム。1995年に1作目が発売され、2012年までに多数の作品が製作されてきた。日本での知名度こそ高くないが、アメリカではゲームファンに今なお愛されつづけている名作だ。

ソニー・ピクチャーズ・テレビジョン&プレイステーション・プロダクションズが製作を担当する本実写化企画は、1話30分のハイテンションなアクションコメディ。アンソニー・マッキー演じる主人公、ジョン・ドウは運転するのと同じくらいの速度で話す、頭の切れる牛乳配達員だ。過去の記憶がない男は、“コミュニティを見つけたい”という願いを叶えるための一生に一度の機会を得る。それは、ポストアポカリプスめいた荒れ地に謎の荷物を届けるという内容だった。

ジョン・ドウは凶暴な車泥棒の助けを借りて、破壊車を運転する野蛮な強盗や、おなじみのアイスクリーム・トラックを運転するピエロなどが暴走する公道でのさまざまな危険に立ち向っていくことになる。果たして男は無事に任務を遂行し、真っ当な生活を手に入れることが出来るのか?

実写版の原案を手掛けたのは、レット・リース&ポール・ワーニック。『ゾンビランド』『デッドプール』シリーズや、『6アンダーグラウンド』(2019)などの脚本を手掛けている人材だ。アクションとコメディを得意としているだけあって、本作に相応しい人材と言えるだろう。原案を基に脚本を執筆するのは、ドラマ「コブラ会」(2018-)などで知られる、マイケル・ジョナサン・スミスだ。リース&ワーニック、そしてスミスは製作総指揮としても名を連ねている。

Source: Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly