『アントマン』ヒロイン女優、出演オファーを冗談だと思っていた ― 「マーベルはネタ切れなんだ…」

映画『アントマン』シリーズは、マーベル・シネマティック・ユニバースにおいてとりわけ異色の作品である。アリよりも小さくなるヒーロー、そのサイズに比例してかスケールの小さい(しかしそれこそが魅力の)物語、全編に散りばめられたユーモア。主人公スコット・ラング/アントマン役のポール・ラッドと、続編『アントマン&ワスプ』(2018)ではタイトルロールとなったホープ・ヴァン・ダイン/ワスプ役のエヴァンジェリン・リリーの相性は抜群だ。

ヒーロー映画であり、同時にファミリー向けのコメディ映画としても成立した本シリーズは、いまや世界で高い人気を誇る作品群となった。しかし第1作『アントマン』(2015)当時、エヴァンジェリンは出演オファーを最初は冗談だと思い込んでいたという。

アントマン&ワスプ

MARVEL/PLANET PHOTOS 写真:ゼータ イメージ

エドガー・ライト前監督が繋いだ『アントマン』の縁


2018年8月、米国ボストンにて開催された「Fan Expo Boston」に登場したエヴァンジェリンは、自身と『アントマン』の出会いを振り返っている。

「ちょうど『ホビット 竜に奪われた王国』(2013)のプロモーションが終わったところにマネージャーから電話があって、“マーベルから電話がありました”って。“会いたいと思ってもらえないか、『アントマン』という新しいシリーズに興味がないかを知りたくて”という。笑っちゃいましたね。」

当時、エヴァンジェリンはアントマンというヒーローの存在をまったく知らなかったため、「マーベルはネタ切れなんだ、ヒーローをでっち上げようとしてる」と思ったという。オファーを受けた際の印象について「完全にジョークだと思いました」と振り返っているのだ。

「そしたらマネージャーが“いやいや、違いますよ。オリジナルのアベンジャーズの一員です、本当のオファーですよ”と。でも私は“(『ホビット』で)スーパー・エルフを演じたところだし、スーパーヒーローはやらなくてもいい”と言いました。でも“待って、聞いてください。アントマン役はポール・ラッド、監督はエドガー・ライトです”と言われて。“えっ、誰が作るって? すごい、ヒーロー役がポール・ラッドで、エドガー・ライトが監督するの? それやりたい!”って言っちゃいましたね。」

エドガー・ライト

エドガー・ライト監督 Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/9345815579/

その後、エヴァンジェリンはマーベルとの面会に向けて、6本のMCU作品を週末にまとめて観るという宿題をこなしたという。その甲斐あって、彼女は無事にヒロインのホープ・ヴァン・ダイン役を射止めたのだ。
ところがポール&エヴァンジェリンを起用したエドガー・ライト監督は、のちに“創作上の相違”で『アントマン』を降板。ポールとエヴァンジェリンの初対面は、監督の降板後、ニューヨークのレストランでランチをともにしたことだったという。映画がどうなるのかわからないまま、キャラクターやストーリーなどについて話し合ったそうだ。

 

なおエドガー監督の降板を受けて、『アントマン』の監督には『イエスマン “YES”は人生のパスワード』(2008)などのペイトン・リードが就任。ポール、エヴァンジェリン、ペイトンの組み合わせが鉄板であることは今や言うまでもないが、おそらくエドガー監督の存在なくしてこの顔合わせは実現しなかっただろう。エヴァンジェリン演じるワスプが大スクリーンで活躍するさまを観ることができるのは、残念ながらプロジェクトを去ったエドガー監督のおかげなのである……。

映画『アントマン』MovieNEXは発売中。続編『アントマン&ワスプ』は2018年8月31日(金)より全国の映画館にて公開中だ。

『アントマン&ワスプ』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/antman-wasp.html

Sources: ComicBook.com, BadTaste.it

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。