『エージェント・オブ・シールド』シーズン6、米国で2019年夏の放送に ― 『アベンジャーズ4』公開後、シリーズ完結予定なし

2018年5月15日、米ABC&マーベル・テレビジョンによるドラマシリーズ『エージェント・オブ・シールド』シーズン6の製作が正式に発表された。このたび新たに入ってきた情報によると、気になる放送開始時期は2019年夏の予定だという。米Deadline誌が伝えた。

この情報は、ABCエンターテインメントのチャニング・ダンジー社長が5月15日(現地時間)に発言したもの。現時点での最新シーズンであるシーズン5は2018年5月18日(現地時間)に放送終了するため、米国でも1年以上の“お休み”となるわけである。2013年に『エージェント・オブ・シールド』が開始されて以来、これほど長期の休止は一度もなかった。

ただし喜ぶべきは、チャニング社長が「(シーズン6を)最終シーズンとして計画してはいません」と明言したところであろう。一時はシリーズの継続が不透明と伝えられていたものの、ひとまず全13話構成に規模を縮小してシリーズは今後も続くものとみられる。皮肉なことに、全22話から全13話への話数削減には、むしろ「見やすい長さになった」など好意的な反応も少なくなかった。

なお、もうひとつ留意しておきたいのは、『エージェント・オブ・シールド』シーズン6が『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)公開後の放送になることだ。現在、シーズン5の最終話に『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)の影響が生じるかどうかに注目が集まっているが、シーズン6では早くも『アベンジャーズ』第4作の影響を受けた物語が展開される可能性もある。

 

これまで、マーベル・シネマティック・ユニバースの映画作品と『エージェント・オブ・シールド』は本格的なクロスオーバーを実現してこなかった。しかし『アベンジャーズ』第4作で映画のストーリーに区切りがつけられること、そのタイミングで『エージェント・オブ・シールド』に1年以上の休止期間が設けられることは、かつてない“クロスオーバー・チャンス”といえるだろう。ついに本格コラボレーションが実現するか……期待しすぎずに待つこととしよう。

ドラマ『エージェント・オブ・シールド』シーズン6は2019年夏に米国放送予定

Source: Deadline

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。