Menu
(0)

Search

『アクアマン』、DC映画として『ダークナイト ライジング』以来の大ヒットに ─ 中国では『ヴェノム』打ち倒す

アクアマン
© 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. TM & © DC Comics

映画『アクアマン』がDCコミックス史上まれに見る大ヒットとなっている。2018年12月末の時点で、本作の興行収入は『ダークナイト ライジング』(2012)以来となるペースで推移。『ワンダーウーマン』(2017)に続き、DC映画ユニバースの存在感を全世界に知らしめた。

Box Office Mojoによれば、『アクアマン』は2018年12月30日(米国時間)の時点で米国興収1億8,937万5,000ドル、海外興収5億6,240万ドルを記録。累計興収額は7億5,177万5,000ドルとなった。直前に米国メディアが予想していた通り、2018年内に7億5,000万ドルを突破した格好だ。DC映画ユニバース作品としては、『スーサイド・スクワッド』(2016)の7億4,684万ドルを抜いて史上第3位の成績となっている。

こうした動きを受けて、米The Hollywood Reporterは本作の最終成績9億ドル超えを確実視。ワーナー・ブラザース&DCコミックスの製作した映画としては、DC映画ユニバース最大のヒット作『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)をも上回り、クリストファー・ノーラン監督作品『ダークナイト ライジング』の10億8,493万ドルに次ぐ成果を残すだろうと記している。『アクアマン』がこれほどの記録的ヒットとなることを、いったい誰が予想していただろうか…?

ちなみに既報の通り、『アクアマン』大ヒットのカギを握ったのは、いまや米国に次ぐ巨大映画市場となっている中国だ。アナリストのギャヴィン・フェン氏によれば、本作の中国興収は、2019年1月1日にも『ヴェノム』(2018)の2億7,020万ドルを抜いて外国映画史上第5位にランクインするという。世界興収の3分の1以上を中国で稼ぎ出すという驚愕のヒットぶり、これこそ“社会現象”と呼ぶにふさわしいものだろう。

映画『アクアマン』は2019年2月8日(金)全国ロードショー

『アクアマン』公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/aquaman/

Sources: Box Office Mojo, THR, Gavin Feng

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly