Menu
(0)

Search

『アクアマン』大ヒット、ジェイソン・モモアの感謝メッセージがかわいい ─ 世界興収10億ドル超え迫る

米ワーナー・ブラザース&DCコミックス製作、映画『アクアマン』の世界的大ヒットによせて、主演のジェイソン・モモアが感謝のビデオメッセージを投稿している。ワイルドな強面のイメージが強いモモアだが、今回の映像では始終ニコニコと笑顔を見せてくれた。あえて言おう、かわいいと

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mahalo everyone for making #Aquaman the number one movie in the world. I love you guys. I’m so proud of this movie and everyone that worked on it CHEEEEEHUUUUUUUU 🤙🏽😜 Aloha j


Jason Momoaさん(@prideofgypsies)がシェアした投稿 –

映像に添えられたキャプションには、「『アクアマン』を世界で一番の映画にしてくれたみなさんへ、マハロ(ありがとう)。みなさんのことが大好きです、この映画や、関わった全員を誇りに思います」と記されている。飛行機内で撮影された映像では、ファンへの感謝を述べた上で、「2回目はもっと楽しいので、よかったら2回観てください」と満面の笑みでお薦めすることも忘れていない。

『アクアマン』は2018年12月7日に中国で公開されたのを皮切りに、全世界で想像以上の大ヒットを記録。2019年1月6日(米国時間)付で米国興収は2億5,972万ドル、海外興収は6億8,100万ドル。全世界の累計興収額は9億4,072万ドルとなった。

すでに『アクアマン』は、海外興収で『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)や『ダークナイト ライジング』(2012)を抜いてDC映画史上第1位となっている。今後は世界興収10億ドル突破をひとつの節目として、『ダークナイト』(2008)の10億493万ドル、『ダークナイト ライジング』の10億8,494万ドルを超え、世界興収でもDC映画の記録更新を狙うことになりそうだ。

1月6日の時点で、『アクアマン』は歴代世界興収ランキングで第46位にランクインしている。ちなみに『ダークナイト』は36位、『ダークナイト ライジング』は24位だ。さて、『アクアマン』はこの激しい滝をどこまで上ることができるのか。もっとも本作の場合、とうに鯉ではなく龍となっている感すらあるわけだが……。

映画『アクアマン』は2019年2月8日(金)全国ロードショー

『アクアマン』公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/aquaman/

Sources: Variety, Box Office Mojo, ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly