Menu
(0)

Search

『アクアマン2』メラ役アンバー・ハードの続投どうなる ─ 降板の噂を本人は否定「事実無根です」

『アクアマン』メラ役アンバー・ハード
© THE RIVER

DC映画『アクアマン』(2018)の続編『アクアマン2(仮題)』には、主演のジェイソン・モモアやオーム/オーシャンマスター役パトリック・ウィルソンなど、複数のキャストの続投が伝えられている。そんな中、ファンの間で注目されているのが、前作でヒロイン・メラ役を演じたアンバー・ハードの復帰だ。

元夫ジョニー・デップとの裁判が口火となり、一部ネット上で飛び交っているキャスト交代の憶測について、このたび米Entertainment Weeklyのインタビューに登場したハードが「事実無根」として真っ向から否定した。

ハードの続投が懸念されている大きな要因が、元夫ジョニー・デップとの間で展開されている裁判だ。かねてよりハードに対するドメスティック・バイオレンス疑惑が伝えられていたデップは、英国のタブロイド紙「The Sun」に「妻殴り(wife beater)」と形容されたことを受けて、同紙を相手取った名誉毀損裁判の最中にあった。

遡ること2019年11月には、『アクアマン』からハードの降板を望むジョニー・デップ側のファンが、米署名収集サイトChange.orgにて34,000枚にも及ぶ嘆願書を収集したことが伝えられた。2020年11月2日(米国時間)には状況が一転し、デップ側の敗訴が決定。その後デップは、出演を予定していた『ファンタスティック・ビースト』第3作から、製作のワーナー・ブラザースより求められる形で降板となった。これをきっかけにハード降板の署名数が急増し、現時点でその数は115万を超えている

このこともあり、続投が懸念されるハードだが、「ソーシャルメディア上での噂や(抗議)活動は(キャスティングに)影響しませんよ。全くの事実無根ですから」ときっぱり一蹴。「『アクアマン』と『アクアマン2』はファンの声で実現したもの。来年の始動にワクワクしています」と続投の意向を示している。また、ハードは「撮影がすごく楽しみです」とも話しており、2021年中の開始を望んでいるという。

とはいえ、現時点で製作のワーナー・ブラザースからハードの出演に関する発表は出されていない。デップの降板を決定したのもワーナー側ということで、署名活動の急増も含めてスタジオの出方に注視したいところだ。

『アクアマン』続編には、モモアやウィルソンのほか、デイビッド・ケイン/ブラックマンタ役のヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世の続投もすでに決定済み。監督としての続投は不明なものの、前作を手がけたジェームズ・ワン製作の下、2022年の米国公開を目指して企画が進行中だ。

映画『アクアマン2(仮題)』は2022年12月16日に米国公開予定。

あわせて読みたい

Source: Entertainment Weekly, Cinema Blend,Change.org

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly