Menu
(0)

Search

『おしゃれキャット』ディズニー実写映画版が進行中 ─『ピーターラビット』監督が脚本・製作担当へ

おしゃれキャット
Walt Disney Prod.:ゼータ イメージ

1970年に公開されたディズニーアニメ、『おしゃれキャット』の実写映画化企画が進行中であることがわかった。Deadlineが報じている。

オリジナルアニメ『おしゃれキャット』の舞台は、古き良き時代のフランス・パリ。そこにはダッチェスという美しい猫が、3匹の仔猫たちと暮らしていた。飼い主の老夫人は金持ちで、その莫大な遺産を愛しい猫たちのために遺そうと考えていた。ところが、その事実を知った執事は、遺産を目当てに猫たちを誘拐し、パリ郊外に置き去りにしてしまう。そこでダッチェスたちの前に現れたのは、野良猫のオマリー。みんなはオマリーに助けられながら、パリを目指すことになる。仔猫の一匹であるマリーは、さまざなグッズで展開されており、いまなお絶大な人気を誇っている。

実写映画版の物語は不明。脚本を執筆するのは、実写版シリーズ『ピーターラビット』にてメガホンをとったウィル・グラックと、『2分の1の魔法』(2020)の脚本を手掛けたキース・ブーニン。グラックは脚本のほか製作を兼任する。家族向けや動物を題材にした作品を扱うことに長けているため、ぴったりな人材と言えそうだ。

なお、本実写版企画は初期段階のため、現時点では、Disney+向けとなるのか劇場向けとなるのかは定かでないとのこと。Disney+にて配信された実写版『わんわん物語』(2019)のような作品になる可能性があると伝えられている。同作は、CGと実写映像を組み合わせて製作された作品だ。引き続き、今後の動きに注目したい。

Source: Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly