Menu
(0)

Search

DCドラマ「ARROW/アロー」シーズン1は『ダークナイト』に影響を受けていた ─ スティーヴン・アメルが明かす

ARROW/アロー
ARROWTM and all pre-existing characters and elements TM and ©DC Comics. ©2017 WBEI. All rights reserved.

ドラマ「ARROW/アロー」(2013-)や「THE FLASH/フラッシュ」(2014-)、「SUPERGIRL/スーパーガール」(2015-)、「レジェンド・オブ・トゥモロー」(2016-)からなるDCコミックスのヒーローが活躍するドラマの世界観は通称「アローバース」と呼ばれている。この「アローバース」を始動させたドラマ「ARROW/アロー」が、DC映画『ダークナイト』(2008)より影響を受けていたことが、「ARROW/アロー」の主演スティーヴン・アメルによって明らかになった。

これは、ファンイベントHeroes and Villains Fan Fest Londonで語られたもの。米Comicbook.comによると、本イベントのパネルでアメルはこう語っている。

「ドラマがスタートした際、影響を受けていた作品は間違いなく『ダークナイト』ですね。(「ARROW/アロー」のパイロット版を監督した)デヴィッド・ナッターのオフィスに座っていた時、『ダークナイト』の写真だけあったんです。それがシーズン1のインスピレーションになったんです。」

確かに本作シーズン1のダークなトーンは『ダークナイト』と似ており、億万長者でプレイボーイのオリバー・クインが裏で”アロー”として街を悪から救う姿は、どこかバットマンを彷彿させる。それからシーズンが進むにつれ、『ダークナイト』調からは離れ、より原作コミックスに近いトーンになってきている。その傾向は新シーズンとなるシーズン7でも続くそうで、アメルは「今年はさらにコミックスの正典バージョンに近いグリーンアローになると思います」と語った。

ドラマ「ARROW/アロー」シーズン7は、2018年10月15日よりThe CWにて全米放映開始予定。国内では、シーズン6のBlu-ray&DVDが2018年11月14日より発売予定だ。

ARROW/アロー」公式サイト:https://warnerbros.co.jp/tv/arrow/

Sources: Comicbook.com

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly