Menu
(0)

Search

『DC展』でバットポッド、ヘンリー・カヴィル実着スーパーマンのコスチューム展示へ ─ 日本オリジナルのキービジュアル公開

DC SUPER HEROES and all related characters and elements (c) & TM DC Comics. WB SHIELD: (c)& TM WBEI. (s21)

2021年6月25日〜9月5日に六本木ヒルズ森タワー52階・東京シティビューにて開催されるDCの特別総合展『DC展 スーパーヒーローの誕生』より、展示の見どころが紹介されている。あわせて、日本オリジナルで制作されたクールなキービジュアルも届けられた。

DC SUPER HEROES and all related characters and elements (c) & TM DC Comics. WB SHIELD: (c)& TM WBEI. (s21)

あの「バットポッド」がやってくる

DC SUPER HEROES and all related characters and elements (c) & TM DC Comics. WB SHIELD: (c)& TM WBEI. (s21)

バットマンシリーズでは、バットマンが操縦する特殊車両が毎回登場する。クリストファー・ノーラン監督の映画「ダークナイト」シリーズ三部作の中で、バットポッドは2008年に公開した『ダークナイト』で初登場した。バイク型の仕様で全長約3.7mもあり、前輪部分にはマシンガンなどが搭載されている。ゴッサム・シティでバットマンの宿敵・ジョーカーとカーチェイスを繰り広げるシーンや、2012年に公開された『ダークナイト ライジング』でも登場した。

スーパーマンのコスチュームを展示

DC SUPER HEROES and all related characters and elements (c) & TM DC Comics. WB SHIELD: (c)& TM WBEI. (s21)

2016年に公開されたザック・スナイダー監督の映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』で俳優ヘンリー・カヴィルが着用したコスチュームがやってくる。スーパーマンは怪力、スピード、飛行などあらゆる超人的能力を有している。青、赤、黄のカラフルなコスチュームはスーパーマンの筋肉を際立たせている。また戦いの最中の姿やポーズなどの外見は、古代彫刻の正確で美しいボディラインで表現されたギリシャ神話の英雄たちとも重なる。貴重なコスチュームを生で見られる、貴重なチャンスだ。

コミック原画など貴重な作品を多数展示

DC SUPER HEROES and all related characters and elements (c) & TM DC Comics. WB SHIELD: (c)& TM WBEI. (s21)

本展では初期の『アクション・コミックス』『ディテクティブ・コミックス』『バットマン』『ワンダーウーマン』『ジャスティス・リーグ・オブ・アメリカ』など80年の歴史を誇るDCの貴重なコミック原画が200点近く展示される。

光岡三ツ子さん (DC展日本語監修) コメント

『DC展 スーパーヒーローの誕生』は、豊富なアートと、映画用コスチュームやプロップの展示で、DCの全貌に迫る展覧会です。それはアメリカのポップカルチャーの歴史そのものであり、日本でも親しまれたキャラクターたちの思い出の回廊でもあり、エキサイティングな新娯楽作に出会える場所でもあります。どうぞこの貴重な機会をお見逃しなく!

杉山すぴ豊さん (DC展ガイド) コメント

子どもの頃『月刊スーパーマン』という翻訳誌に自分の投稿が掲載されたのがライターとしての“デビュー”。あの雑誌が僕を素晴らしいDC世界に導いてくれたのです。以来、DCのヒーローや時にはヴィランにどれほど励まされてきたことでしょうか。
今度は僕が『DC展』を通じ一人でも多くの方がDCファンになってくれるよう、お手伝いをさせていただきます。
バットマンやワンダーウーマンたちがきっとあなたの親友になってくれますよ。

『DC展 スーパーヒーローの誕生』開催概要

DC SUPER HEROES and all related characters and elements (c) & TM DC Comics. WB SHIELD: (c)& TM WBEI. (s21)
会期 2021年6月25日(金)~9月5日(日)
会場 東京シティビュー(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階)
開館時間 10:00~22:00(最終入館:21:00)
 ※情勢によりやむを得ず、営業時間に変更が生じる場合や、休業となる可能性もございます。
主催 東京シティビュー、東京新聞
特別協力 ワーナー ブラザース ジャパン
協賛 カラーキネティクス・ジャパン
後援 J-WAVE
入館料 5月中旬公開予定。
東京展公式サイト https://tcv-taod.roppongihills.com
DC展ポータルサイト https://artofdc.jp

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly