Menu
(0)

Search

『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』公開日決定&予告編 ─ 元オアシス、成功・挫折・苦悩・復活をとらえたドキュメンタリー

リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ
© 2019 WARNER MUSIC UK LIMITED

伝説となったイギリスのロックバンド「オアシス」のメンバー、リアム・ギャラガーのバンド時代からソロミュージシャンとしての復活を追ったドキュメンタリー映画『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』が2020年7月3日(金)にTOHOシネマズ シャンテほか全国公開されることが決定した。あわせて、予告編とポスタービジュアルが到着した。

リアム・ギャラガーは、1991年にイギリスで結成され、94年の1stアルバム「Definitely Maybe」から英国ロックシーンの先頭を走り続けてきた「オアシス」の元フロントマン。バンドメンバーである実兄ノエル・ギャラガーとの確執が表面化し、2009年にオアシスを脱退した。実質的な解散を経て、同年にはリアムをフロントマンにしたバンド「ビーディ・アイ」を結成するが、こちらも2014年に解散。3年を経て、再起を賭けたのがソロ名義「リアム・ギャラガー」としての音楽活動だ。1stアルバム「As You Were/アズ・ユー・ワー」は全英1位を獲得し、世界的に評価を集め、30万枚以上の売り上げを記録。プラチナディスクとなり、リアム自身の才能を再び明確に知らしめる完全復活を成し遂げた。

音楽ファンならば知らぬ者はいないリアムだが、オアシスの成功によってスターダムにのしあがる反面、破天荒でスキャンダラスな行動ゆえにメディアからバッシングを受けていた。さらに兄弟との確執が表面化し、バンドは解散。失意の中、リアムは自らの力で音楽の世界を生き抜くと決意する。本作はリアム・ギャラガーの成功と挫折、苦悩からの復活をありのままに映し、彼の素顔に迫る一作だ。

予告編では人々の熱狂が伝わる、伝説のバンド「オアシス」の映像につづき、リアムの口から「兄貴と大喧嘩して終わった」との言葉が飛び出す。「何をすりゃいい。俺はいったい誰なんだ?」。親密な関係者たちの証言からは、リアムの素顔が浮かび上がる。酒におぼれ、離婚訴訟も勃発。かつてのリアムの姿はそこになかった。しかし、リアムは自分の「音楽」と向き合うことで最後の賭けに出る。「ステージのど真ん中、そこが俺の場所だ」。

リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ
© 2019 WARNER MUSIC UK LIMITED

ギャラガー家の長男・ポールと母・ペギーが登場し、実家も公開される本作では、自然体のリアムや、息子たちと一緒に中指を立てる、どこまでも破天荒な父親としての姿も。オンラインで話題となり、また再起のきっかけともなったバーでの弾き語りシーンや、マンチェスター・テロのチャリティ企画「ワンラブマンチェスター」にて、コールド・プレイのクリス・マーティンと共演する映像も映し出される。リアムは解散後も執拗にSNSで兄を攻撃するが、その本当の気持ちとは……。

映画『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』は2020年7月3日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly