Menu
(0)

Search

『進撃の巨人』ハリウッド映画化決定、『IT/イット』監督が就任へ ― 米報道

「別冊少年マガジン」(講談社刊)連載、諌山創による人気漫画作品『進撃の巨人』がハリウッドにて実写映画化される。2018年10月29日(現地時間)、米Varietyが報じた。

今回の報道によれば、ハリウッド版『進撃の巨人』を製作するのは米ワーナー・ブラザース。講談社とワーナーはすでに契約を締結したと伝えられており、監督には『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)のアンディ・ムスキエティが就任するという。

2009年から連載が開始された『進撃の巨人』は、ある日突然出現した「巨人」によって生活を脅かされた人類が、生存のために巨大な壁に囲まれた世界で生きていく物語。超大型巨人の襲撃によって壁は破壊され、平穏な日々は終わりを告げる。兵士たちは人類を守るため、世界の真実を知るために壁の外へと飛び出していく……。
日本のみならず世界で大きな人気を獲得している本作は、2013年からテレビアニメシリーズ化されているほか、実写映画版『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』(2015)も製作されるなど、各方面でメディア展開が継続的に実施されている。

ハリウッド版『進撃の巨人』でプロデューサーを担当するのは、『ハリー・ポッター』『ファンタスティック・ビースト』シリーズのデヴィッド・ハイマン、Netflix映画『Death Note/デスノート』(2017)で製作を担当したマシ・オカのほか、アンディ監督の姉で『IT/イット』を手がけたバーバラ・ムスキエティ。なお、このたびVarietyが伝えているのは本作の実写映画化および監督&プロデューサーの名前のみで、そのほかの情報はわかっていない。

アンディ・ムスキエティ監督は長編デビュー作『MAMA』(2013)で注目されたのち、スティーヴン・キングの同名ホラー小説を映画化した『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』が大ヒット、映画ファンや批評家にも高く評価された。現在は同作の続編『It: Chapter Two(原題)』(2019)の製作中で、実写版『進撃の巨人』は映画としては次回作になるとみられる。“殺人ピエロ”ペニーワイズで世界を震撼させたアンディ監督が、さらにスケールの大きい恐怖に挑む…!

ハリウッド実写映画版『進撃の巨人』の撮影時期・公開時期は不明。キャスティングも気になるところだ。

Source: Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly