Menu
(0)

Search

『アバター』続編、2020年分の撮影が終了 ─ 巨大軍事ボートも登場

avatar アバター
https://www.instagram.com/p/CI1GiYmhWbO/

巨匠ジェームズ・キャメロン監督によるアバター(2009)続編シリーズの撮影が、2020年分に予定されていた分を終了したことがわかった。プロデューサーのジョン・ランドーが自身のSNSにて報告している。

2020年3月中旬、コロナ禍の影響で中断されていた続編シリーズの撮影は、6月中旬よりニュージーランドで再開。以降、ソーシャル・ディスタンシングの安全規約に則って順調に進められていた。

撮影現場の様子を度々伝えてきたランドーは、自身のInstagramに2枚の写真を添えて、2020年分の撮影が終了したことを明かしている。ランドーによれば、1枚は重量16トンにも及ぶ“マタドール”と名付けられた軍事ボート(闘牛における“主役”の闘牛士の意)、もう1枚はメルセデス・ベンツ社の車にロシア製の撮影機材が設置された写真だという。

View this post on Instagram

A post shared by Jon Landau (@jonplandau)

続編シリーズは前作と打って変わって、舞台が陸地だけでなく「水上や水辺、水中」になることが判明済み。これまでにランドーがSNSで投稿した写真は、カニ型の潜水艇などの新たな乗り物や、ケイト・ウィンスレットシガニー・ウィーバーが水中撮影に挑む姿など、“水”に関連したものが多くを占めている。今回投稿された軍事ボートの写真からは、水上あるいは水中での戦いが続編シリーズで繰り広げられることを予感させられるだろう。

なお、2020年内の撮影は終了したということだが、現時点での進捗や2021年突入後の再開時期については明かされていない。続報を待ちたいところだ。

出演者には、サム・ワーシントンやゾーイ・サルダナ、シガニー・ウィーバー、スティーブン・ラングらが続投。新たに『タイタニック』(1997)でキャメロン監督とタッグを組んだケイト・ウィンスレット、『ワイルド・スピード』シリーズのヴィン・ディーゼルらが加わる。

映画『アバター』続編シリーズは、第2作が2022年12月16日に、第3作が2024年12月20日に、第4作が2026年12月18日に、第5作が2028年12月22日に米国公開予定。

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly