Menu
(0)

Search

『アバター』続編、別役出演のシガニー・ウィーバーが水中モーションキャプチャー撮影に挑む

シガニー・ウィーバー
https://www.instagram.com/p/CE9u2RZHK-4/

巨匠ジェームズ・キャメロン監督による『アバター』(2009)続編シリーズに前作とは違う役で再出演するシガニー・ウィーバーが、水中でのモーションキャプチャー撮影に挑む現場写真が公開された。プロデューサーを務めるジョン・ランドーが自身のInstagramで投稿している。

前作で、シガニーはアバター計画を率いる宇宙生物学者グレイス・オーガスティン博士を演じた。グレイス博士は地球人とパンドラの先住民族ナヴィの間の戦いで命を落としているため、シガニーの続投は無いかと思われたが、2014年に続編シリーズへの復帰が発表。全く違った役柄で登場することになると伝えられた。

続編では、水上や水辺、水中が舞台となることが分かっており、シガニーは水中でのモーションキャプチャー撮影に挑んでいるようだ。ランドーは投稿で「シガニーは、アクションシーンに積極的に参加してくれています。ほら、彼女は『アバター』続編のパフォーマンスをしていますよ」とコメント。1枚目からは水中を進む姿が、2枚目では水面にて笑顔でグッドサインを送る姿が見て取れる。

View this post on Instagram

Sigourney has never been one to shy away from an action scene. Here she is performing one for the Avatar sequels.

A post shared by Jon Landau (@jonplandau) on

モーションキャプチャーに励むシガニーだが、彼女の演じる役は明かされていない。これまでに与えられているヒントといえば、「彼女は全く違う、そして色んな意味で(グレイスよりも)更に大変なキャラクターを演じます」というキャメロン監督の言葉のみだ。今回の投稿を受けて、米Screenrantはシガニーがナヴィを演じる可能性を推測している。当然その真偽は不明であるが、モーションキャプチャー撮影に参加しているということは、ナヴィもしくはナヴィのアバター役である可能性も大いにあるだろう。

ちなみに、シガニーの姿を捉えた撮影現場写真が以前公開された際、その場所が前作で地球人たちが拠点としていた基地の1つであった為、一部海外メディアは回想シーンなどの形でグレイスが再登場する可能性を言及していた。いずれにせよ、シガニーが演じる役は現在までで未知数と言えるだろう。

2020年3月中旬に新型コロナウイルスの影響により中断されていた続編シリーズの撮影は、6月中旬よりニュージーランドにて再開されている。出演者には、サム・ワーシントンやゾーイ・サルダナ、スティーブン・ラングらが続投。新たに『タイタニック』(1997)でキャメロン監督とタッグを組んだケイト・ウィンスレット、『ワイルド・スピード』シリーズのヴィン・ディーゼルらが加わる。

映画『アバター』続編シリーズは、第2作が2022年12月16日に、第3作が2024年12月20日に、第4作が2026年12月18日に、第5作が2028年12月22日に米国公開予定。

Source: Screenrant, Cinema Blend

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly