Menu
(0)

Search

『アバター:WoW』20億ドル突破、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』抜きまで秒読み

アバター:ウェイ・オブ・ウォーター
(C) 2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

ジェームズ・キャメロン監督のアバター:ウェイ・オブ・ウォーター全世界累計興行収入は2023年1月23日までに推定20億2,400万ドルを達成した。米Deadlineが伝えた。

映画史上、累計興収20億ドル超えを達成した6本目の作品となった。現時点では歴代6位だが、5位の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)20億5,242万ドル、4位の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)20億7,131万ドルも間もなく超える見込みだ。

歴代1位の『アバター』(2009)、3位の『タイタニック』(1997)に並び、キャメロン作品が破格のセールスでトップ5に食い込もうとしている。『フォースの覚醒』を超えれば、歴代トップ4作品のうち3作がキャメロン監督によるものとなる。

興収のうち14億2,600万ドルは海外での成績。トップは中国で、2億2,970万ドルを稼いだ。また、IMAXでの興収は2億2,700万ドルで、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を超えてIMAX史上2位の成績を記録している。

キャメロン監督は公開前、「利益を出すには興行成績で歴代3~4位にならなければいけない」と話していた。実際の損益分岐点はそれよりも低いとされ、既に達成済みであるが、当初の目標すら達成しそうな勢いだ。

Source:Deadline

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly