Menu
(0)

Search

『アバター』続編、映像を観て「泣いてしまった」とネイティリ役のゾーイ・サルダナ ─ キャメロン監督も「泣き虫」

ゾーイ・サルダナ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/9361544301/

ジェームズ・キャメロン監督による映画『アバター』待望のシリーズ続編が2022年12月に公開を控えている。謎だらけの本作だが、出演者のゾーイ・サルダナは20分間の映像を鑑賞したという。その感想はというと……?

『アバター』の続編シリーズは2022年の第2作を皮切りに、2028年の第5作まで隔年公開が予定されている。続編は、主人公のジェイク(サム・ワーシントン)とサルダナが演じるネイティリ、2人の間に誕生した子どもたちに焦点を当てた家族の物語になると言われている。

最新のインタビューに応じたサルダナは、2021年末に編集中の映像を鑑賞する機会に恵まれたと明かしており、その感想をこう語っている。「20分間の映像を観ましたが、言葉にならないほどでした。感動して泣いてしまいました」。

第1作からの続投組であるサルダナが涙した理由は本人のみぞ知るだが、12年前の記憶が蘇ったのかもしれないし、物語自体に感動したのかもしれない。あるいは、第2作が水上、水中、水辺などを舞台にしていると言われている為、キャメロン監督が作り出す映像美に感銘を受けての涙であるとも考えられそうだ。

なおサルダナによれば、キャメロン監督は続編に登場する水中シーンの為の撮影技術を完成させるのに「数年間を費やした」という。これは俳優が水中でモーションキャプチャーを行う作業で、その様子はこれまでたびたび報告されていた。出演者のケイト・ウィンスレットが水中で7分以上の息止め撮影を行ったことが話題にもなった

ちなみに、前作を上回るほどの映像革命を起こすべく現在も懸命に作業にあたっているであろうキャメロン監督も、作業中に目頭を熱くしてしまう時もあるようで、サルダナいわく「彼もかなりの泣き虫」とのこと。サルダナは、「本当に繊細な心を持っていて、だからこそ彼は(作品を)大切に守っている。彼はご自身が作る物語を通してはけ口を見出すことができるんです」とキャメロン監督の思いを代弁した。

映画『アバター』続編シリーズは、第2作が2022年12月16日に、第3作が2024年12月20日に、第4作が2026年12月18日に、第5作が2028年12月22日に米国公開予定。

Source:  Kevin McCarthy Twitter

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly