Menu
(0)

Search

アイアンマン役ロバート・ダウニー・Jr.、「アベンジャーズ・ドラフト」第一希望選手は「ドラックス」 ─ ルッソ兄弟も参戦で波乱の人選に

https://www.youtube.com/watch?v=xYe556lQIGI サムネイル

もしもマーベル・シネマティック・ユニバースのヒーローから3人を選ぶとしたら?

米スポーツチャンネルESPNによる企画「アベンジャーズ・ファンタジー・ドラフト」に、アイアンマン役のロバート・ダウニー・Jr.と『アベンジャーズ/エンドゲーム』アンソニー&ジョー・ルッソ監督が挑戦した。司会を務めるのは、“夢のサッカーチーム”を語ることで知られる司会者マシュー・ベリーだ。

以下の映像には、映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』本編の写真が登場します。本記事に『エンドゲーム』内容への言及はございませんが、『エンドゲーム』を未見の方は、映像の再生にあたってはくれぐれもお気をつけくださいませ。

アベンジャーズ・ファンタジー・ドラフト

「アベンジャーズ・ファンタジー・ドラフト」は、あくまでドラフト制度にのっとっているため、一人ずつ希望選手を選択していき、誰かが選んだヒーローを選ぶこともできない。真っ先に選択権を与えられたロバート・ダウニー・Jr.は「ドラックス」と即答。「アイアンマンじゃないんですか?」と問われると「彼はセミリタイアだから」と答えて笑わせている。ドラックスを選んだ理由は「真顔でユーモアを言うから」だった。「作戦会議で重宝しますよ、それ以外の理由はありません」。ちなみにドラックス役のデイヴ・バウティスタはロバートの大ファンを公言しているだけに、この選択はバウティスタ泣かせである…!

続いてアンソニー監督は、ユニバースの始まりとなったアイアンマンを選択。ジョー監督は「議論の余地なし」とキャプテン・マーベルを選択した。理由は「なんでもできるから」。そして司会者のマシューは「倒せないから」とハルクを選んでいる。

なお、ロバートは第二巡選択希望選手にブラックパンサーを選んだ。理由は「忠誠心があって、獰猛で、かつ知性的だから」。第三巡にはロキを選んでいる。アンソニー監督はスター・ロードとソーという強力な顔ぶれ、ジョー監督はブラック・ウィドウとガモーラという女性チームを希望。ロバートから「映画を4本作ってるのにクリス・エヴァンス(キャプテン・アメリカ役)を選ばないの?」と突っ込まれる一幕もあった。ちなみに、司会者のマシューはキャプテン・アメリカとドクター・ストレンジという、さらりと一番安全な選択に出ている。

さて、もしもあなたが3人選ぶとしたら、どのヒーローたちを揃える…?

第一巡

  1. ロバート・ダウニー・Jr.:ドラックス
  2. アンソニー・ルッソ:アイアンマン
  3. ジョー・ルッソ:キャプテン・マーベル
  4. マシュー・ベリー:ハルク

第二巡

  1. ロバート・ダウニー・Jr.:ブラックパンサー
  2. アンソニー・ルッソ:スター・ロード
  3. ジョー・ルッソ:ブラック・ウィドウ
  4. マシュー・ベリー:キャプテン・アメリカ

第三巡

  1. ロバート・ダウニー・Jr.:ロキ
  2. アンソニー・ルッソ:ソー
  3. ジョー・ルッソ:ガモーラ
  4. マシュー・ベリー:ドクター・ストレンジ

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は2019年4月26日(金)より全国公開中

『アベンジャーズ/エンドゲーム』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame.html

Sources: ESPN, io9

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条として、海外の映画・ドラマを中心に執筆しています。日本国内の映画やアニメーションも大好きです。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly