Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『アントマン&ワスプ』ヴィランのゴースト、再登場プランは? ─ ケヴィン・ファイギ社長が語る

『アントマン&ワスプ』ゴースト
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

映画『アントマン&ワスプ』(2018)にヴィランとして登場するゴーストは、きっとファンにとってお気に入りのキャラクターの1人となっただろう。この魅力的なヴィランは、今後の作品で再び登場する可能性はあるだろうか。マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギが思いを明かした。

注意

この記事には、『アントマン&ワスプ』のネタバレ内容が含まれています。

『アントマン&ワスプ』ゴースト
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

『レディ・プレイヤー1』(2018)のハナ・ジョン=カーメン演じるエイヴァ・スター/ゴーストは幽霊の如く物質をすり抜ける能力を持つ女性。ハンク&ホープ親子が持つ研究ビルを狙う謎の人物として本作に登場した。劇中では、幼い頃に巻き込まれた量子実験事故により、現在の能力を手に入れたことが判明する。

能力が引き起こす”身体が引き裂かれるような”痛みと、迫る死の恐怖に苦しむゴーストは、量子世界から現世界に帰還したホープの母ジャネットの”力”により治癒される。それだけでは完治しなかったのか、スコット・ラング/アントマンはゴーストを治療するエネルギーを集めるため、ポスト・クレジットシーンで量子世界に入る。

ゴーストの再登場は?

ゴーストの身体がこの時点でどの程度治癒されていたのかは不明なものの、本作でゴーストの死は描かれておらず、今後のマーベル映画で再登場することは十分可能だ。一度登場したキャラクターが後続作品に再起用する条件は「その時々によって変わります」と語るケビン・ファイギは、ゴーストの今後について米Birth.Movies.Deathによるインタビューで説明している。

「今回の場合は、ゴーストが生き残る物語でした。『アントマン&ワスプ』は、ヴィランを負かして皆で喜ぶようなタイプの映画ではありません。違う種類のヴィラン物語なんですよ。いつ、どこで、スコットの言う”新しい幽霊の友達”が現れるかは、これから分かるかも。

例によって、ゴーストの再登場がいつになるかは、まさに彼女の能力のごとく掴むことができない。しかし少なくとも、その可能性は決して低くないのかもしれない。何しろケビン・ファイギは、『アントマン&ワスプ』のゴーストの描き方に、非常に手応えを感じられているようなのだ。

「どのキャラクターを起用して、誰をキャスティングして、映画の中に馴染むように描こうかと悩みに悩んで、その結果としてお客さんに”最高だった!次はいつ登場するの?”と思ってもらえるなんて、これに勝ることはありませんね。例えば『ブラックパンサー』(2018)のシュリは良い例です。だからゴーストも、ステップ1はクリア。ステップ2がどうなるか、これから様子見ですね。」

ちなみにゴーストがサノスのスナップを生き延びたかについて、本作でメガホンを取ったペイトン監督は「答えないことにしているんです」と述べ、明言を避けている。果たして、ゴーストは無事に生き延びて今後のマーベル映画に再登場することができるのだろうか。

映画『アントマン&ワスプ』は2018年8月31日(金)より全国ロードショー

『アントマン&ワスプ』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/antman-wasp.html

Sources: Birth.Movies.Death

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly